You are currently viewing DNAラバー ㅣ最新情報ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-04-05

TV chosunの新しい週末ドラマ「 DNAラバー 」が2024年6月に公開される予定です。 チョン·インソン×チェ·シウォン主演でDNAをめぐる運命論者たちの対決になりそうです。 登場人物、あらすじなど詳細情報を調べます。

基本情報

タイトルDNAラバー
原題DNA러버
DNA Lover
ジャンルロマンティック·コメディ
回数
放送期間2024年6月1日 ~
チャンネルTV CHOSUN
監督ソン·チウクㅣドラマ「明日」「マウス」
脚本チョン·スミㅣドラマ「ボーン·アゲイン
出演チョン·インソン、チェ·シウォン、イ·テファンなど
撮影期間
配信
原作

✍️無数の恋愛に失敗した遺伝子研究員のハン·ソジンが、遺伝子を通じて自分の運命のパートナーを探すロマンチックコメディー。

キャスト

ハン·ソジン ㅣ チョン·インソン

DNAラバー

運命論者。 遺伝子研究員だが、太初に私のパートナーがいると信じている。 度重なる恋愛失敗の理由を見つけることができず、結局、遺伝子を通じて自分のパートナーを探そうとする。 そのように出会った2人の男との運命探しロマンスが始まる。

チョン·インソン 정인선
🔸1991年4月25日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸58cm, 47kg, 225mm, O型
🔸1996年SBSドラマ「あなた」デビュー
🔸代表作:ドラマ「魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋〜」「ワイキキへようこそ」「私の恋したテリウス〜A Love Mission〜」「サイコパス日記」など
🔸https://www.instagram.com/jung_insun.gram/

シム·ヨヌㅣチェ·シウォン

DNAラバー

すべての運命論を拒否するハンサムな産婦人科医。 非婚主義で、早い断絶に近い別れの速度を見せてくれる。 自分に執着する女に慈悲はない。 しかし、突然現れたハン·ソジンは、シム·ヨンウの精神と日常を揺るがす。

チェ·シウォン 최시원
🔸1986年4月7日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸183cm、 B型
🔸2005年3月7日、KBS第2テレビのドラマで1829人がデビュー
🔸2005年11月6日 SUPER JUNIOR 正規1集 Super Junior 05 デビュー
🔸代表作:ドラマ「彼女はキレイだった」「ピョン・ヒョクの恋」「SF8」「恋愛なんていらない」など
🔸https://www.instagram.com/siwonchoi

ソ·ガンフン ㅣ イ·テファン

DNAラバー

消防士。ハン·ソジン、シム·ヨヌと三角関係を成す予定。

イ·テファン 이태환
🔸1995年2月21日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸188.8cm, 78kg, AB형
🔸2013年ウェブドラマ「放課後の運試し」デビュー
🔸代表作:ドラマ「キム秘書はいったい、なぜ?」「黄金の私の人生」 「39歳」など
🔸https://www.instagram.com/leetaehwan0221/

チャン·ミウンㅣチョン·ユジン

DNAラバー

進化した男を探すポリアモリの恋愛コラムニスト。 ポリアモリは多者恋愛を追求することで、チャン·ミウンは一人だけを愛さない、一人の男にすべてを期待する女は傷つくしかないと考えるチャン·ミウンはポリアモリまたはオープンリレーションシップを選ぶ。 しかし、このようなチャン·ミウンにもハンサムな産婦人科医のシム·ヨンウは一種の禁断症状だ。 付き合って別れてを繰り返す仲だ。

チョン·ユジン 정유진
🔸1989年(平成元年)2月19日
🔸大韓民国
🔸170cm | B型 | 235mm
🔸2015年SBSドラマ「風の便りで聞きました」デビュー
🔸代表作:ドラマ「W -君と僕の世界-」「30だけど17です」「 ロマンスは別冊付録」「スノードロップ」など
🔸https://www.instagram.com/eugene__jung

BKㅣチュ·ヒジェ

イロウン遺伝子センター長、ハン·ソジンの職場の先輩であり、シム·ヨンウの同門の先輩。

ユ·ミョンヒ ㅣ ソ·ジヨン

ソジンの母親でインスタレーションアーティスト。

あらすじ

無数の恋愛を失敗した遺伝子研究員ハン·ソジンが遺伝子を通じて自分の運命のパートナーを探すロマンティック·コメディ

相関図

追加予定

視聴率

回数日付全国首都圏
12024.06.01
22024.06.02
32024.06.08
42024.06.09
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

視聴率挽回できるか

ドラマのチョン·スミ作家は、2020年KBS月火劇だった『ボーン·アゲイン』の脚本家です。 この当時、足りない蓋然性と専門性の欠如などで視聴率が1%台まで落ち、残念な成績で終映しました。 イ·スヒョク×チャン·ギヨンの出会いで話題を集めましたが、みすぼらしい視聴率でした。 今作では前作の不調を挽回できるか楽しみです。

テレビ朝鮮の週末ドラマの前作「私のハッピーエンド」も2%台の成績で終了しています。

予告編

ポスター

* クリックすると大きく見ることができます。