You are currently viewing 愛のあとにくるもの ㅣ韓国ドラマㅣキャスト·相関図··原作など
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-03-09

イ·セヨンX坂口健太郎がドラマ「 愛のあとにくるもの 」で共演します。 今まで噂だけが聞こえていたあのドラマがついに現実化!原作をもとにキャストやあらすじなdの詳細情報を調べてみます。

基本情報

タイトル愛のあとにくるもの 사랑 후에 오는 것들
ジャンルメロ
回数6部作
放送期間2024年(予定)
チャンネルCoupang Playオリジナル
監督ムン·ヒョンソン l 映画「ソウル・バイブス」「王様の事件手帖」
脚本
出演イ·セヨン、坂口健太郎など
撮影期間2024年1月10日~3月予定
配信coupang play
原作小説「愛のあとにくるもの」コン・ジヨン、辻仁成

✏️韓国人女性と日本人男性の国境を越えた愛を生き生きと描いた作品

キャスト

チェ·ホン(ベニ)ㅣイ·セヨン

 愛のあとにくるもの

父が運営する出版社の企画室長として働いている。ジョギングが趣味だ。 明るくて愉快な性格の持ち主だが、7年前の失恋の傷で性格がやや暗くなり、黒い服を主に着るという設定がある。 特記事項としてはヨリチ。 料理が本当に下手だ。 ホンイのすべてを愛したジュンゴさえホンイの料理をずっと食べたほど···

*ホン(紅)の日本語での発音「ベニ」が別称となります。

イ·セヨン 이세영
🔸1992年12月20日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸160㎝・51㎏・O型
🔸1997年ドラマ「兄弟の川」デビュー
🔸代表作:ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」「カイロス」「赤い袖先」「烈女パク氏契約結婚伝」など
🔸https://instagram.com/seyoung_10

青木潤吾(ユノ)ㅣ坂口健太郎

愛のあとにくるもの

ベストセラー作家として韓国出版のために訪韓し、過去の恋人であるチェ·ホンと再会する。 彼のヒット小説は7年前、崔洪との縁をモチーフに書いた小説で、この小説を通じていつか再び崔洪と会う日を夢見ていたのだ。 小説家としては佐々江ひかりというペンネームを使っている。 作中で美男として言及される。

*ジュンゴ(潤吾)漢字の韓国語での発音「ユノ」が別称となります。

坂口健太郎
🔸1991年7月11日生まれ
🔸日本東京出身
🔸183cm O型
🔸2010年 MEN’S NON-NO モデルデビュー
🔸2014年、映画 「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」
🔸代表作:ドラマ「シグナル」「婚姻届に判を捺しただけですが」「鎌倉殿の13人」映画「海街diary」「人魚の眠る家」など
🔸https://www.instagram.com/sakaguchikentaro

キム·ミンジュンㅣホン·ジョンヒョン

ホン·ジョンヒョン 홍종현
🔸1990年2月2日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸183cm, 70kg, 270mm, A型
🔸2007年 ファッションショー 08 S/S ソウルコレクション モデル デビュー
🔸2008年、映画「双花店」デビュー
🔸代表作:ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」「王は愛する」「絶対彼氏」「私たちの人生レース」など
🔸https://www.instagram.com/hjonghyun

小林カンナㅣ中村アン

🔸本名: 中村 友子
🔸1987年9月17日生まれ
🔸東京都出身
🔸161cm、AB型
🔸2009年デビュー
🔸代表作:ドラマ「SUITS/スーツ」「日本沈没-希望のひと-る」「ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜」「大奥 Season2」など
🔸https://www.instagram.com/cocoannne

あらすじ

出版社を経営している一家の長女チェ·ホン(ベニ)は語学研修のために東京に行く。 日本語をやっと喋るようになった彼女は4月のある日、東京の公園内の湖畔で純吾(ユノ)に会う。 ジュンゴは、両親は離婚し、経済的能力が足りない父親と暮らしていたため、アルバイトで生活費と学費を充当しなければならない立場だ。

2人は桜の花びらが舞った春の日、公園の湖畔で会い、誰が先と言うまでもなく恋に落ちる。 ジュンゴより愛に積極的だったホンがついにジュンゴの家にカバンを持って入るが、アルバイトで時間に追われるジュンゴにはホンと愛を分かち合うほどの時間的余裕も心の余裕も足りない。

喜んで受け入れ、嬉しく迎えた愛だったが、愛に対する異なる考えと現実に徐々に疲れていった2人は、ついに感情を爆発させる。 それから7年後、金浦空港。ここで二人は奇跡になるか偶然になるか分からない思いがけない再会をする事になる。

相関図

追加予定

視聴率

回数日付全国首都圏
1
2
3
4
5
6

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

原作小説

原作小説「愛のあとにくるもの」は韓国のコン·ジヨンと日本の辻仁成がそれぞれ女と男の観点から一つの物語を解いていった本です。 同じ方式で執筆された「冷静と情熱の間」の精神的後続作の概念として使われ、韓日友好の年を記念して書かれました。

韓国と日本の若者を主人公に文化と言語の違い、男性と女性の間で発生する誤解を素材に純粋な愛の物語を盛り込んだ小説になります。

 愛のあとにくるもの

韓国との縁が深い坂口健太郎?!

坂口健太郎は「ごめん、愛してる(2017)」、「シグナル 長期未解決事件捜査班(2018)」など韓国ドラマの日本リメイク作に2作品も出演したことがありますね。2023年9月9日、海外初のファンミーティングであった「2023 Kentaro Sakaguchi Fanmeeting in Korea」が韓国で開催された事もありました。

チケッティング開始約1分で全席売り切れになり、多彩で充実したコーナーを通じてファンとコミュニケーションをとり、ファンミーティングは大成功に終了しました。この時、途中でちょくちょく韓国語をしゃべる姿も見えたと。やはりこのドラマと坂口健太郎の出会いは運命だったのでしょうかね。🤗

 愛のあとにくるもの

韓国のファンミーティング当時

台本リーディング現場公開

台本リーディングの現場は、初めての出会いから作品への深い愛情が感じられる場となりました。李セヨンと坂口健太郎は、それぞれお互いの言葉で挨拶を準備し、和やかな雰囲気を作り出しました。一方、ホン・ジョンヒョンと中村アンも特別な決意を持って、現場に和気あいあいとした空気を持続させました。

李セヨンは「ホン」の感性豊かな台詞で瞬く間に現場を引き込み、坂口健太郎も「ジュンゴ」の寂しい感情に完全に入り込み、共感を誘いました。俳優たちは、力強い演技で場の雰囲気を高め、観る者を魅了することに成功しました。

 愛のあとにくるもの
 愛のあとにくるもの

予告編

ポスター

* クリックすると大きく見ることができます。