You are currently viewing 私のヘリへ ㅣ最新情報ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ3
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-05-08

シン·ヘソンXイ·ジヌクの出会いで話題になっているドラマ「 私のヘリへ 」久しぶりにイ·ジヌク俳優のロマンスを見ることができそうです! どんな内容のドラマなのか詳細情報を調べてみます。さて、タイトルの意味は?

基本情報

タイトル私のヘリへ
原題나의 해리에게
ジャンルロマンス, 恋物語
回数12部作
放送期間2024年内予定
チャンネルENA
監督チョン·ジヒョンㅣ「二十五、二十一」
脚本ハン·ガラムㅣ「天気がよければ会いにゆきます」
出演シン·ヘソン、イ·ジヌク、カン·フンなど
撮影期間
配信
原作

✍️弟の失踪と長年の恋人との決別による悲しみで解離性人格障害が生じたアナウンサーウンホと彼女の元彼ヒョンオの治癒ロマンス

キャスト

チュ·ウノ ㅣ シン·ヘソン

私のヘリへ

公債アナウンサー。 弟の失踪と長年の恋人との決別による悲しみから解離性人格障害が生じたアナウンサー

シン·ヘソン신혜선
🔸1989年8月31日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸171.8cm ・O型 ・245mm
🔸2012年KBSドラマ「学校2013」デビュー
🔸代表作:ドラマ「青い海の伝説」「死の賛美」「30だけど17です」「哲仁王后〜俺がクイーン!?」「生まれ変わってもよろしく」「サムダルリへようこそ」映画「彼女が死んだ」など
🔸https://instagram.com/shinhs831

チュ·ヘリㅣシン·ヘソン

駐車管理所の駐車精算要員。 ウノの妹。

チョン·ヒョンオㅣイ·ジヌク

私のヘリへ

説明公債アナウンサー次長待遇。 ウノの元カレ説明

イ·ジヌク 이진욱
🔸1981年9月16日生まれ
🔸韓国忠清北道清州市出身
🔸185cm 71kg A型
🔸2003年 パナソニック モデルデビュー
🔸代表作:ドラマ「ロマンスが必要2」「ナイン〜9回の時間旅行〜」「ボイス2」「Sweet Home〜俺と世界の絶望〜」「スイートホーム2」「不可殺」「イカゲーム2」映画「ビューティー・インサイド」など
🔸http://www.instagram.com/jinuk0916

カン·ジュヨンㅣカン·フン

私のヘリへ

死んだ兄の願いどおりアナウンサーになった人物できれいだが、女性には木石のような冷たい男だ。 男中、男中、男高、陸士を出て女を知らずに生きてきたし、人懐っこい方ではなく、女同期とも言葉をうまく交わさない人物だ。

カン・フン 강훈
🔸1991年5月23日
🔸韓国グンサン市出身
🔸184㎝・A型
🔸2009年映画「輪」デビュー
🔸代表作:ドラマ「輪赤い袖先」「輪コッソンビ熱愛史」「輪いつかの君に」など
🔸https://www.instagram.com/khoonyy/

あらすじ

解離性人格障害のある女性による5人の男女の物語

相関図

追加予定

視聴率

回数日付全国首都圏
12024%%
22024%%
32024%%
42024%%
52024%%
62024%%
72024%%
82024%%
92024%%
102024%%
112024%%
122024%%
132024%%
142024%%
152024%%
162024%%

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

タイトルの解釈

このドラマのタイトルは「私のヘリへ」です。 主人公であるチュ·ウノは妹を亡くし、解離性人格障害を患うことになる人物です。ここで、妹のなまえが「チュ·ヘリ」になります。 そして、韓国語では解離性人格障害の「解離」が「ヘリ」と同じ発音をしているため、タイトルは妹と人格障害のヘリを全て含む二重的な意味を持つと解釈することができます。

解離性人格障害とは。

解離性アイデンティティ障害(DID)は、一人の人間の中に複数の異なるアイデンティティが共存し、それぞれが自己の意識や行動をコントロールすることがあります。以前は多重人格障害と呼ばれていましたが、現在では解離性アイデンティティ障害という用語が使われています。一般にはまだ「多重人格」として知られていることが多いです。

この障害の患者の多くが、幼少期に重大なトラウマを経験しているという事実があります。90%以上の患者が何らかの形で幼児期に深刻な精神的な傷を受けています。学界では、これらの極度のトラウマが子供の精神を保護するための防衛機制として作用し、他の人格を生成すると考えられています。これは、本来の自分が受けた苦痛を誰か他の人格が経験したとすることで、精神的な圧力から一時的に逃れることができるというわけです。

痛みを経験し、毎日悲しみの中で過ごす人々とその周辺の人々を通じた成長の話を描き出すようです。 ENAに編成され、2024年公開予定です。 お楽しみ!

予告編

ポスター

* クリックすると大きく見ることができます。