You are currently viewing 破墓 ㅣキャスト·あらすじ·感想·見どころを解析
  • Post category:MOVIE
  • Post last modified:2024-03-17

チェ·ミンシクXキム·ゴウンXユ·ヘジンXイ·ドヒョン。 韓国を体表する俳優たちが出会いました。 不気味で奇妙なオカルト映画「 破墓 」です。詳細情報を調べてみます。

基本情報

タイトル破墓
原題파묘
Exhuma
ジャンルミステリー、スリラー、ホラー、オカルト
監督チャン·ジェヒョンㅣ「プリースト 悪魔を葬る者」「サバハ」
脚本チャン·ジェヒョン
公開日韓国:2024年2月22日
撮影期間2022年10月16日~2023年3月1日
出演チェ·ミンシク、キム·ゴウン、ユ·ヘジン、イ·ドヒョンなど
上映時間134分
制作費用140憶ウォン
観客数9,012,747人(2024.03.16)

🔷The VICIOUS EMERGES 険しいものが出た

キャスト

サンドクㅣチェミンシク

破墓

土地を探す風水師

チェ·ミンシク 최민식
🔸1962年5月30日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸177cm|B型
🔸1982年演劇『わが町』
🔸1990年KBS2ドラマ『野望の歳月』デビュー
🔸代表作:映画「オールド・ボーイ」「悪魔を見た」「新しき世界」「バトル・オーシャン 海上決戦」ドラマ「カジノ」など

ファリムㅣキムゴウン

破墓

怨霊を慰める巫女

キムゴウン 김고은
🔸1991年7月2日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸167cm, 50kg, 245mm, B型
🔸2012年映画『ウンギョ』デビュー
🔸代表作:ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「ユミの細胞たち」「シスターズ」映画「君が描く光」など
🔸https://www.instagram.com/ggonekim/

ヨングンㅣユ·ヘジン

破墓

礼を尽くした葬儀屋

ユ·ヘジン 유해진
🔸1970年1月4日生まれ
🔸忠清北道清州市出身
🔸172.9cm | 65kg | A型 | 270mm
🔸1997年 映画『ブラック·ジャック』デビュー
🔸代表作:映画「王の男」「タチャ イカサマ師」「ベテラン」「完璧な他人」「コンフィデンシャル:国際共助捜査」など

ボンギルㅣイ·ドヒョン

破墓

経文を唱えるシャーマン

イ·ドヒョン 이도현
🔸1995年4月11日生まれ
🔸京畿道高陽市出身
🔸182cm|74kg|A型
🔸2017年 tvNドラマ「刑務所のルールブック」デビュー
🔸代表作:ドラマ「ホテルデルーナ」「18アゲイン」「Sweet Home〜俺と世界の絶望〜」「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」「良くも、悪くも、だって母親」など
🔸https://www.instagram.com/ldh_sky/
🔸https://www.instagram.com/ldh_staff/

あらすじ

この物語は、ロサンゼルスに住む裕福な家族が奇妙な超自然現象に悩まされるという内容です。家族は、巫女の間で有名な若い巫女であるファリムとボンギルを招きます。ファリムとボンギルが到着し、危険に陥っていた赤ん坊を救い出した後、家族が先祖の暗い影に囚われていることに気づきます。

花林は、先祖を救済するために墓を掘り起こし、最高の風水師サンドクと葬儀師ヨングンに助けを求めます。驚くべきことに、その墓は韓国の人里離れた村の日陰で発見されます。そして、ついに墓の発掘が行われますが、墓の発掘と同時に墓の下から不吉な気運が溢れ出します。

破墓

OST

感想

映画は全6枚で構成されており、1~3枚の前半部、4~6枚の後半部に分けることができます。 まず、先祖の墓場のせいで子孫に不運なことが起き、そのために墓を掘り下げることによって起きることが前半部、後半部ではクリーチャー物に変化し、怪物の存在が直接的に現れるようになります。


圧倒的な演技

俳優たちの演技は全般的に良い評価を受けています。 まず、チェ·ミンシクとユ·ヘジンは韓国映画界の巨匠として様々な映画で配役を演じているので言うまでもなく。 キム·ゴウンとイ·ドヒョンは若い俳優であるにもかかわらず、長い台詞の呪文を唱えたり、憑依されたり、グッをしたりする場面を圧倒的な演技で表現しています。 特にキム·ゴウンのグッドシーンは本当に注目に値するものだったと思います。 実際に キム·ゴウンがクッパンに行って身につけたそうです。 イ·ドヒョンは、監督が早くからキャスティングを完了ていたようですが、コロナのせいで撮影が延期される間、ものすごい俳優に成長して驚いたと。この映画はイ·ドヒョンの映画デビュー作でもあります。

破墓

音楽とCG

オカルトジャンルらしく適切な音楽の配置が映画への没入度をさらに高めます。 映画「破墓」の音楽監督を務めたキ·テソン監督は、さまざまな映画の音楽を担当し、チャン·ジェヒョン監督とも映画「サバハ」ですでに共演したことがあります。 そして、この映画で青龍映画祭音楽賞を受賞したこともあります。

オカルトジャンルなのでCGがたくさん使われたと思いますが、最大限CGを自制し、実際の物を利用して実感できる撮影をしようと努力しました。 韓国でほとんど絶滅してしまった野生のキツネや蛇の以外はCGをほとんど使わないように気を使ったと。 映画で大きな意味を持つ鬼火も、直接火を空中に浮かべてクレーンで作業したそうです。

抗日要素があります。

この映画は韓国の風水地理士と葬儀屋、そして二人のシャーマンが主要人物として登場しますが、彼らは皆、過去の韓国の独立運動家の名前をしています。 そして、この映画に出てくるクリーチャーの存在は日本の鬼でした。

かつて、日本による植民地時代時代に日本政府が韓半島の精気を断つために風水地理的に意味のあるところに鉄の杭を打ち込んでおいたという話がありました。 この話が本当かどうかはまだ論争の余地がありますが、この映画はこの怪談を背景に作られています。

彼らに「破墓」を依頼した家は、朝鮮を主権を移譲する「乙巳條約」に積極的に締結した朝鮮の実在人物であるイ·ワンヨンをモチーフにしています。 実際、イ·ワンヨンの長男は早世し、子孫はカナダに移民したと知られています。

この映画に日本人が登場したり、反日的な要素が直接的に登場したりすることはありませんが、上記のような背景で作られた映画ですので、ご参照ください。

破墓

個人的な感想?!

個人的には序盤は未知の存在と音楽のせいで恐怖感がありましたが、ナ·ホンジン監督の「哭声/コクソン」よりは怖くなかったですね。「哭声」は未知の存在について観客に疑問を投げかけ続ける映画でした。一方、映画「破墓」は後半に恐怖の存在を直接的に登場させ、オカルト、恐怖ではなくアクション映画になってしまったような気もしました。

俳優たちの演技が本当に素晴らしかったと思います。キム·ゴウンとイ·ドヒョンの「MZ(ミレニアル世代とZ世代、1980~2000年代生まれ)のシャーマンの演出も面白いです。カンバースの靴を履いて昼間はジムで運動をしてマーシャルスピーカーを持ち歩く若いシャーマンたちです。

見どころ

破墓とは

「破墓」という行為は、墓地を移転して改葬することを意味し、主に既存の墓を取り除くことで広く使用されています。破墓の過程では、既存の墓を解体し、故人の遺骨を収集し、新たな場所で再び埋葬する手続きが行われます。韓国では、伝統的に先祖の墓を尊重し、大切に祀る文化があるため、墓を改葬する「破墓」は非常に異例の行為とされています。

映画「破墓」は、破墓を皮切りに奇異な事件に巻き込まれる風水師、葬儀師、巫俗人たちの物語を描いています。

チャン・ジェヒョン監督の5年ぶり新作

チャン・ジェヒョン監督は、「プリースト 悪魔を葬る者」「サバハ」を通じて退魔やオカルトジャンルの映画を演出し、興行と作品性の両面で成功を収めてきました。彼は演出とオリジナル脚本を一人で担当し、韓国映画界におけるオカルトジャンルの分野でナ・ホンジン監督とともに高い評価を受けています。

映画「破墓」は、チャン・ジェヒョン監督の「サバハ」以来5年ぶりの新作として公開されるため、多くの映画ファンから非常に期待されています。彼の過去の作品が示した独特の演出スタイルと物語の深みが、「破墓」でも発揮されることが期待されています。

破墓

オカルトジャンル映画史上最大の興行

韓国でオカルトジャンルの映画で最も大ヒットした作品は、ナ·ホンジン監督の「哭声/コクソン」でした。 韓国だけで600万人以上の観客が観覧し、各種映画祭で映画賞を受賞し、作品性も認められました。

「破墓」は公開から1カ月足らずで、谷城の観客数を超え、韓国映画賞のオカルトジャンルで最高観客数を記録し、まもなく韓国映画の興行指標ともいえる千万観客を達成することが予想されています。

韓国映画ランキング 歴代30ㅣ2024年最新

予告編

ポスター

破墓
破墓
破墓