You are currently viewing 世子が消えた ㅣキャスト·相関図·あらすじ·見どころ3
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-05-22

EXOのスホがデビュー後初の時代劇に挑戦します。 MBNの新ドラマ「 世子が消えた 」です。今まで見たことのない新しいロマンス時代劇という事ですが(+_+)。 これまでに公開されているキャストやあらすじ、相関図などの詳細情報を調べてみます。。

基本情報

タイトル世子が消えた 
原題세자가 사라졌다
ジャンル仮想歴史劇ロマンティック·コメディ
回数20部作
放送期間2024年4月13日~2024年6月16日(予定)
チャンネルMBN
監督キム·ジンマンㅣ「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」「キルミーヒールミー」
脚本キム·ジス、パク·チョルㅣ「ポッサム~愛と運命を盗んだ男~」
出演スホ(EXO)、ホン·イェジなど
撮影期間2024年2月ただいま撮影中と!
配信Rakuten VIKI

✍️世子が世子嬪になる女性にポッサム(袋に入れて拉致すること)されることから繰り広げられるストーリー

キャスト

イゴン ㅣ スホ

世子が消えた

世子は海宗の亡き本部である張氏小生の長男だ。父の海宗が反正として保衛に上がると、皇太子に冊封された。

死んだ母が他人の出身であるため、政権を取った庶人たちには好ましくない世子だった。その結果、中殿(海宗の2番目の妻)ユン氏の蘇生の都城大君を世子の上に載せたいという人々の露骨な牽制を受けることも多く、時には世子の資格を試そうとする人々が無駄な対決を煽ったりもした。

その度にただ笑って転んだ。一度も彼らの期待(?)にまともに応えたことがない。そのため、いつも噂になっていた。

「あんなに水に焼けたように、お酒に焼けたように、油に焼けただけじゃ…」海鐘をはじめ、太子を大切にする人々は、より強く強く強くなることを願い「君主は誰も見下すことができない強さが基本である。」依然として虎視眈々と機会を狙う連中は、なんとか世子の資格に傷をつけるような言いがかりをつけるのに忙しかった。

そうしようがしまいが、本人は気にもしなかった。心配であれ非難であれ、すべて事実ではないからだ。優しくも柔弱でもなかった。あえて対抗しなければならない理由を見つけられなかっただけだ。

ところでこんなにちくしょう。。!!!宮殿の中で見てはいけない場面を見てしまった。あまりにも事案が重大なので確実な証拠から決めなければならないと思い、自分が見た男が誰なのか確認するために宮殿の外に潜行に出たが…..

ああ、神様、なんてことだ!!「ポッサム」というのをやられてしまった!

スホ 수호
🔸1991年5月22日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸173cm|60kg|AB형
🔸2012年4月8日、EXO-Kミニ1集MAMAデビュー
🔸代表作:ドラマ「リッチマン」「ヒップタッチの女王」など
🔸http://instagram.com/kimjuncotton

チェ·ミョンユン ㅣ ホン·イェジ

世子が消えた

御医チェ・サンロクの高名な娘、ミョンユンは王室とチェ・サンロクの合意の下、皇太子妃に内定した。生まれてすぐに母を失い、父チェ・サンロクに育てられた。いつも忙しい父親の代わりにムベクについて回りながら、幼い頃から武術を学んだ。そのおかげで馬乗りは基本で、普通の男たちより刀もよく使い、弓もよく射る。家柄が家柄だから、肩越しに学んだ医術の実力まで相当なものだ。貧民街の人々を治療する学んだ悪口が自分も知らないうちに飛び出してきて、人々をびっくりさせる悪口屋のお嬢さんだ。

ミョンユンにとってサンロクは笑顔を一度も見せたことのない無心な父親だが、医術の最高峰という御医の席に上がっても退庁し、依然として貧しい民草まで世話する父親が誇らしかった。

しかし、娘が夫に食べられて四柱推命を受けて生まれたという占い師の言葉を信じて、四柱を変えようとしてはいけないことまで娘に強要し、罪のない犠牲も辞さないという父親のチェ・サンロクの姿に当惑し、生まれて初めて父親に逆らうことになる……

世子が失踪する前代未聞の事件と共に、ミョンユンの人生は完全に変わることになる。

世の中が望んで、父が望んでいたように本性を抑え、両班家の娘として慎んだふりをして生きてきたミョンユンはもういない!

ホン·イェジ 홍예지
🔸2002年1月31日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸165㎝・ 230㎜
🔸2018年「プロデュース48」参加デビュー
🔸2022年、映画「イゴンサムチル」主演デビュー
🔸代表作:ドラマ「幻影恋歌
🔸https://www.instagram.com/red._.yeji_/

ミン·スリョンㅣミョン·セビン

世子が消えた

前々代王の二番目の中前。
ミン·スリョン。

実家の父の欲心で傷ついた王と婚姻して中殿になった。
しかし、高齢だった王は数年足らずで亡くなり、続いて王位に就いた連れ子に反論され、幽閉までされたが、反正を通じて王室の最高の大人になった。

世子イ·ゴンが死んだ自分の息子に似ているからだろうか?
初めてイ·ゴンを見た瞬間から、自分も知らないうちに彼の姿に死んだ息子を投影させ..
そのため、心からこの件を大切にするためだった。

だが、世子が宮殿の中で見てはいけない、自分の密会を目撃してしまった。 これ以上、李建を以前のように接することができなくなったのだ。

もともと生まれつきの性情は真面目で有限な方だったが、愛する男を守るためにもがきながら、やむを得ずますます厳しくなり、厳しくなる。

たとえ大妃という身分の呪縛に同じになっているが、愛する人のためなら何でもできる!

ミョン·セビン 명세빈
🔸1975年4月10日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸168cm, 45kg, 240mm, A형
🔸1996年、シン·スンフンM/V「私のやり方で愛」デビュー
🔸代表作:ドラマ「キルミーヒールミー」「ポッサム〜愛と運命を盗んだ男〜」「医師チャ・ジョンスク」など
🔸http://instagram.com/sb_myung

チェ·サンロクㅣキム·ジュホン

世子が消えた

内医院の首長である正であり、御医。
ミョンユンの父。

反正功臣でありながら、いかなる権力も貪らず、御医の座を守っているミョンユンの父親。
退庁し、依然として民衆の健康まで見守る姿に、世の中は彼のまっすぐな性情を崇める。

王室の信頼まで得た彼であるため、海宗と王妃、大妃まで口をそろえて彼の娘ミョンユンを世子嬪として迎えたい。

ところが世子嬪冊封の前、
娘のミョンユンが夫を食う過熟殺に生まれたという事実を知り、四柱推命を変えるための秘法として敢行したボッサムが誤り、サンロクのすべての計画が歪んでしまう。

状況は一波万波の手のほどこしようがない局面に突き進み、自分がすべてを捧げて築いてきた努力した塔が一瞬にして崩れる絶体絶命の危機を迎えることになるが…···

「一生を地獄で暮らしました。 二度と後悔で点綴された人生を送りたくありません」

キム·ジュホン 김주헌
🔸1980年3月1日生まれ
🔸韓国慶尚北道浦項市出身
🔸180㎝・A型・275㎜
🔸2007年演劇《ギャングno.1》でビュー
🔸代表作:ドラマ「今、別れの途中です」「ビッグマウス」「浪漫ドクターキム・サブ3」「無人島のディーバ」「星たちに聞いてみて
🔸http://instagram.com/ACHAHAKYEON

都城大君ㅣキム·ミンギュ

世子が消えた

海宗の2番目の妻、中殿ユン氏の長男。

子供の頃からこれは好きでついてきた。
物心がついてイゴンとは生母が違う異母兄弟であることが分かるようになったが.. 変わったことは何もなかった。 誰が見ても親同期間以上に仲が良かったし、兄のイ·ゴンが自分を格別に大切に思ってくれるだけに、自分もイ·ゴンを信じて頼りにした。

しかし、突然のイ·ゴンの失踪事件は、多くのことを変えている。 最初は本気で兄の安危を激情したので、誰よりも兄を探すために最善を尽くしたが、大妃の計略に巻き込まれた母親の中殿ユン氏が危機に直面して…..

自分が望んだ選択ではなかったが、その結果は厳しかった。
大妃の厳しい牽制はもとより、李建と都城大君に向けた仲たがいした仲違いは、兄弟間に致命的な誤解の壁を作った。

いっそ私が死んで兄を助けることができるならいくらでもそうしてほしい..
お母さん.. 母を捨てるわけにはいかないじゃないか..

キム·ミンギュ 김민규
🔸2001年3月12日生まれ
🔸慶尚北道亀尾市出身
🔸185cm|69kg | A형|280mm
🔸2020年プレイリストウェブドラマ
🔸代表作:ドラマ「「漫画から出てきた男女」デビュー
🔸https://instagram.com/kimminkyu_0312

周辺人物

中殿尹氏ㅣユ·セレ

海鐘の二番目の妻。 都城大君の生母。
世子、イ·ゴンの生母だった最初の夫人が亡くなり、海鐘が新しく打たれた夫人。

世子のイ·ゴンを実の息子のように大事にしていたが、大妃の計略に陥り、これ以上李建の側に立つことができなくなる。
良いことが良いことだといつもすべての人々の幸せを願って夢見る。
でもこれが問題だ。
本人は善意を持って言った言葉でしたことなのに..
現実は正反対の結果を招く時がもっと多い。
善意が善意で通じない宮殿が、中殿のユン氏には恐ろしくて手に余る。
それでまた事故を起こす。 もちろんいつも本意ではないが..

生まれる気弱で柔弱に生まれた。
情にあふれ、温かくて共感能力に優れ、涙も多い。
でもこれを別の言葉で言うと、優柔不断でおせっかいが広く、決断力がないということだ。
しかし、嘘をつくことを知らず、何事にも本気だから誰もむやみに非難することはできない。

索漠として殺伐とした宮殿内で唯一、人のにおいがする、事故を起こしても、事故を起こしても、文句を言っても憎めない女性。

海種ㅣチョン·ジンオ

現在の王。
李建と都城大君の父。

反正によって王位に就いたため、ともすれば廃州の残党に命を脅かされ、反正功臣に振り回されるなど強力な力がない。
しかし、世子の長男のイ·ゴンら、子どもたちには慈愛に満ちた父親であり、夫人の中殿には多情多感な夫だ。

大妃ミン氏が自身の密会を目撃した世子を殺そうとすると、これを防ごうと対抗し、自身まで危機に処する。

ユン·イギョムㅣ チャ·グァンス

中殿尹氏の実家の父。 左議政。
反正を起こして海宗を王位に就かせた1等功臣。

皇太子のイ·ゴンが突然消えると、隠してきた政治的野心を表わし、先に手を差し出した大妃ミン氏と同じ船に乗る。

後で大妃ミン氏の背後が誰なのか分かるようになるが、船を乗り換えるには遅すぎたと判断。
彼らの隠された秘密や弱点などを見つけ出し、勢力争いで優位を占めようと努める。

カプソクㅣキム·ソルジン

世子宮別監。
イ·ゴンの乳母の息子。

ある母親の乳を一緒に飲みながら大きなせいか、イ·ゴンとは厳然と上殿と下人の関係であるにもかかわらず、親同期間のように近い。

この件を守らなければならないから死ぬほど武術を身につけたし..
今はどんな護衛武士にも全く劣らない武術の実力を誇る。
イ·ゴンのためなら代わりに死ぬかもしれない忠臣であり、イ·ゴンがいつかは本音を打ち明けることができる、仲間のような存在。

キム尚宮ㅣパク·ソンヨン

大妃殿上宮。

大妃ミン氏が本家から連れてきた最側近。
ミン氏を長い間祀っているため、たとえ喪前や彼女の境遇を残念で気の毒に思う気持ちが大きい。
備えのためなら、喜んで矢にもなり、盾にもなってくれる。

ユンジョンデㅣソン·ジョンボム

ハンソンパンユン
中殿尹氏の一家。

漢陽の最高責任者として常に王に会って政事をよく議論するなど、中央政治に影響力が大きい。

計算が正しく、行動はより速い。
自分に害になる人物は容赦なく捨て、自分に得になりそうな人物には何とかつく。
力のあるところにいつでもへつらうことに噂を呼んでいるが、そうしようがしまいが自分の道だけを進む。

ムベクㅣソ·ジェウ

チェ·サンロクの右腕であり、護衛武士。

幼い頃から自分のように卑しい奴を「オラビ(お兄さん)」と呼び、ついてきたミョンユンを「お嬢さん」として仕えながらも、心では実の弟以上に大事にし、喜んでいる。
本人には天上の天女のような存在ミョンユンを命を捧げて守ることが自分の役目であり宿命だと信じる。
ミョンユンに早くから護身術や馬乗りなど、自らを守る方法を教えた張本人。

チェ·サンロクが幼い頃、命を救ってあげてくれた恩恵のために彼を連れて従うが、彼をまた誰よりも恐れている。

オウォルㅣキム·ノジン

名優の小間使い

「世間知らずのお嬢さんは私が守る!「は使命感で一丸となったミョンユンのボディーガードであり秘書。

雑な奴を見ると、飛び蹴りから入って、ともすると悪口を口にするミョンユンが、オウォルが目にはいつも水辺に出した子供のように心配で不安だ。
それでミョンユンを追いかけながら止めて小言を言うけど..
いったん若奥様の命令が下されれば、無条件に従う。 相転移だからではない。
世の中で一番信じる人であり、好きで従う人が若奥様だからだ。

単純な朗らかなキャラクターだが、純粋派で純情派だ。

チョルドゥㅣヘイデンワン

都城大君の腹心。

町外れのワルペ出身。 都城の使い

チョ尚宮ㅣ チョン·ユンソ

中宮殿上宮。

中殿ユン氏が実家から連れてきた本坊尚宮。

ハン·サンスㅣキム·ソンヒョン

東宮殿內官。

イゴンが潜行に出れば、彼に代わって世子の役割をしたりするほど、イゴンにはなくてはならない側近の中の側近。

サンソンㅣパク·ギドク

大田內官

チュンヨンㅣチェ·ジョンユン

内禁衛長

ムンヒョン大監ㅣナム·ギョンウプ

イゴンの母方の祖父
南人の巨頭。

大帝学出身らしく朝鮮最高の儒学者として尊敬され、文衡大監と呼ばれる。
反正以後、海種の政治的負担を減らすために自ら都落ちし、後学養成に努めている。

あらすじ

朝鮮光海君の時、ユ·モンインが書いた「狐夜談」には科挙を受けに漢陽に来たが、人跡が途切れた鐘路で長征4人にボッサムされたソンビの話が載っている。 どことなく流され、きれいな女性と一緒に寝るしかなかったソンビは、その女性を忘れることができず、再び科挙を受けに漢陽に来て、毎晩鐘路をうろついていたという。

このような男性ポッサムの目的は、娘の悪運を防ぐことだった。 娘が未亡人になる運命だというおみくじを受けた娘たちの両親が、自分の娘が未亡人になることを防ぐために、見慣れない独身男性をポッサムして模擬結婚させることで、未来の本当の婿が受けることになる早死にの運命だという厄運を見慣れない独身男性に押し付けるためだった。

「世子が消えた」は、皇太子が世子嬪になる女性にポッサムをされながら繰り広げられる二人の青春男女の波乱万丈な話を扱う朝鮮版ロマンティック·コメディドラマだ。

相関図

世子が消えた相関図

視聴率

回数日付全国首都圏
12024.04.130.91/1.5
22024.04.141.0/1.1
32024.04.201.2/2.6-/2.4
42024.04.211.9/2.51.7/2.1
52024.04.271.6/2.8-/2.2
62024.04.281.5/2.4-/1.8
72024.05.042.1/2.31.6/1.8
82024.05.053.3/3.63.3/3.5
92024.05.112.6/3.22.0/3.0
102024.05.123.0/2.92.4/2.3
112024.05.183.1/3.82.7/3.3
122024.05.193.6/3.83.3/3.9
132024.05.25
142024.05.26
152024.06.01
162024.06.02
172024.06.08
182024.06.09
192024.06.15
202024.06.16

OST

発売日タイトルアーティスト
2024.05.04아스라이, 더 가까이
Love You More Gradually
수호
SUHO
2024.05.11내 곁에 있어요
Stay by my side
태일
2024.05.18한숨이브

見どころチェック

スホ、初の時代劇に挑戦

MBNの新しい週末ミニシリーズ「世子が消えた」では、スホが失踪事件に巻き込まれる世子イ・ゴン役に変身し、デビュー以後初めて時代劇に挑戦しました。

スホは「世子が消えた」で、これまでに見たことのないタイプの「新概念世子」イ・ゴン役を引き受けました。イ・ゴンは、どこでも目を引く美貌の持ち主で、「水に酒を入れたように、酒に水を入れたように」という性格によって、臣下たちから心配されます。しかし、実際には状況と人によってカリスマと残虐な愛嬌を行き来する巧みな処世術を駆使し、無限の魅力を発散する人物です。スホが初めて挑戦する時代劇でどのような新しさを見せるのか、非常に注目されています。

スホのこの新しい挑戦は、彼の演技の幅をさらに広げる素晴らしい機会となりました。イ・ゴンという複雑で魅力的なキャラクターを通じて、スホが見せる新しい一面は、彼の演技力の深さを改めて証明しています。視聴者としては、これから展開するイ・ゴンの物語に大きな期待を寄せずにはいられません!

世子が消えた

台本リーディング現場公開

「世子が消えた」の主役たちが初めての出会いから没入度を急増させた台本リーディング現場が捉えられました。スホ、ホン・イェジ、ミョン・セビン、キム・ジュホン、キム・ミンギュなど主役5人組がそれぞれ引き受けた配役の紹介と堂々とした覚悟を伝え、本格的な台本リーディングが始まりました。

「ヒップタッチの女王」、「アラムンの剣」などで存在感を誇示し、演技者として位置づけられているスホは、タンタンデロの世子人生を生きてきましたが、ある日突然ポッサムに遭い、運命の分かれ道に立つことになる外柔内剛の世子イ・ゴン役にふさわしい安定した発声ととぼけた表現力で現場の雰囲気を圧倒しました。「幻想演歌」で多彩な姿を見せているホン・イェジは、御医チェ・サンロクの高名娘であり、朝鮮最高女将部チェ・ミョンユンに100%移入し、明朗さとたくましさ、凄然さと真剣さを行き来する演技を披露し、弾ける魅力を発散しました。

この台本リーディングは、役者たちがそれぞれのキャラクターに深く没入する様子が伝わってきて、ドラマの完成度に対する期待が高まります。

世子が消えた

予告編

ポスター