You are currently viewing リボルバー ㅣ最新情報ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ
  • Post category:MOVIE
  • Post last modified:2024-07-08

チョン·ドヨンがもう一度ピストルを持って帰ってきます。 「無頼漢 渇いた罪」のオ·スンウク監督ともう一度手を握った映画「 リボルバー 」俳優チ·チャンウクが新しい姿に変身を予告します。映画「リボルバー」の詳細を調べます。

基本情報

タイトルリボルバー
原題리볼버
ジャンル犯罪、スリラー、ノワール
監督オ·スンウクㅣ「無頼漢 渇いた罪」
脚本
出演チョン·ドヨン、チ·チャンウク、イム·ジヨン
公開日韓国 : 2024年8月7日
撮影期間2023年6月5日~10月31日
上映時間
製作費
観客数
配信

✍️2024年8月7日公開予定の韓国映画

キャスト

ハ·スヨンㅣチョン·ドヨン

リボルバー

約束されたすべてを失った元警察官。

チョン·ドヨン 전도연
🔸1973年2月11日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸164cm、O型
🔸1990年CM《ジョンソン·アンド·ジョンソン》デビュー
🔸代表作:ドラマ「人間失格」「イルタスキャンダル」、映画「男と女」、「無頼漢 渇いた罪」「キル・ボクスン」など

アンディ ㅣ チ·チャンウク

リボルバー

スヨンに罪を着せた人物。

チ·チャンウク 지창욱
🔸1987年7月5日生まれ
🔸京畿道安養市出身
🔸182㎝・65㎏・AB型
🔸2008年 独立映画 「スリーピングビューティー」デビュー
🔸代表作:ドラマ「THE K2〜キミだけを守りたい〜」「あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜」「コンビニのセッピョル」「都会の男女の恋愛法」「サムダルリへようこそ」「于氏王后」「江南ビーサイド」など
🔸https://www.instagram.com/jichangwook

チョン·ユンソンㅣイム·ジヨン

リボルバー

自分の目的のためにスヨンと同行する。

イム·ジヨン 임지연
🔸1990年6月23日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸167㎝・A型
🔸2011年の映画『災難映画』デビュー
🔸代表作:ドラマペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪えペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」「ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜」「庭のある家」「国民死刑投票」「オク氏夫人伝」 映画「情愛中毒」など
🔸https://www.instagram.com/limjjy2

ㅣ キム·ジュンハン

元警察

キム·ジュンハン 김준한
🔸1983年3月29日生まれ
🔸韓国慶尚南道馬山市出身
🔸175cm、O型
🔸2005年 izi 正規1集 Modern Life··· And··· With Izi···デビュー
🔸2014年映画「ナビゲーション」俳優デビュー
🔸代表作:ドラマ「刑務所のルールブック」「ある春の夜に」「賢い医師生活」「アンナ」「グッドパートナー」「インフルエンザ」など
🔸https://www.instagram.com/junhan__kim

あらすじ

全ての罪に問われて刑務所に入った元警察官「スヨン」(チョン·ドヨン)が出所後、ただ一つの目的に向かって直進する話を描いた映画

相関図

追加予定

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

もう一度復讐アクションに挑戦するチョン·ドヨン

チョン・ドヨンは2015年にキム・ナムギルと共演したノワール映画「無頼漢」の演出者オ・スンウク監督と8年ぶりに再会し、より一層濃厚な物語を予告しています。最近のネットフリックスオリジナル映画「キル・ボクスン」で華麗なアクション演技が印象的だった彼女が、再びオ・スンウク監督と手を組み、ノワールの感性を展開することが期待されています。映画の英語版紹介バージョンでは「復讐アクション」(Revenge Action)ジャンルを標榜しています。

チョン・ドヨンは「『私の時間に対する約束を守れ』という猪突的な考えや姿が良かった。スヨンは自分の人生を自ら開拓できる人物です」とキャラクターを演じた感想を伝えました。深い喪失感から怒りまで、多層的な感情を無表情な顔に表現するチョン・ドヨンの熱演が期待を高めています。

リボルバー

チ·チャンウクのチ·チャンウク新変身

『THE K2』、『怪しいパートナー』、『都市男女の愛し方』、『最悪の悪』、『ウェルカム・トゥ・サムダリ』など、多数のドラマ作品をヒットさせ、信じて見られる俳優でありグローバルスターとして位置づけられたチ・チャンウクが、映画『リボルバー』で破格の変身を披露する予定です。

劇中でチ・チャンウクが扮するアンディは、別名「香水を撒いた狂った犬」と呼ばれています。能力に恵まれながらも、多くのものを手に入れたために耐えられず、無責任な行動をしてきた人物です。一生、責任や約束を考えずに生きてきました。スヨンに罪をかぶせれば多くの補償を与えるという約束も、彼にとっては意味のないものでした。スヨンが過去の約束を守れと言っても、以前のように徹底的に無視し、結局彼女を動かすことになります。

オ・スンウク監督と共にキャラクターを緻密に構築したチ・チャンウクは、「アンディの過去と現在、その間にある戦士たちを理解することに集中した」と伝えました。アンディをさらにアンディらしくするために、多様な衣装をフィッティングしながら、キャラクターをさらに明確に完成させたとも語りました。

リボルバー

オ·スンウク×チョン·ドヨン、2回目の共演

『8月のクリスマス』の繊細さを脚本で描き出し、淡々とした感情のレイアウトを『無頼漢』で幾層にも重ねたオ・スンウク監督が、8年ぶりにメガホンを取りました。密度の高い演技で自分の幅をさらに広げたチョン・ドヨン、チ・チャンウク、イム・ジヨンの俳優たちが『リボルバー』の物語を現実に具現化します。

「韓国映画の軌跡を共にしたチョン・ドヨンなので、観客は彼の多様な姿を十分に見たと思うでしょうが、『リボルバー』には今まで明らかになっていないチョン・ドヨンの一面が含まれています。チョン・ドヨンが自分だけのやり方で昇華した感情に向き合ってほしい」とインタビューで明らかにしました。

リボルバー

予告編

ポスター

リボルバー
リボルバー

* クリックすると大きく見ることができます。