You are currently viewing モーテル·カリフォルニア ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ3
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-06-17

イ·セヨン×ナ·インウ主演のドラマ「 モーテル·カリフォルニア 」がMBCの金土ドラマとして2025年に放送予定です。 ロマンス小説を原作に初恋の切なさと純情を描くということなんですけれども。 あらすじ、キャスト、原作等の詳細情報を調べます。

基本情報

タイトルモーテル·カリフォルニア
原題모텔 캘리포니아
ジャンルロマンス
回数
放送期間
チャンネルMBC
監督チャン·ジュノ、キム·ヒョンミン
脚本イ·ソユン l 365:運命に逆らう1年
出演イ·セヨン、ナ·インウなど
撮影期間
配信
原作小説『ホーム、ビターホーム』シム·ユンソ

✍️田舎のモーテルを背景にモーテルで生まれ、モーテルで育った女性主人公が12年前に逃げた故郷で初恋と再会しながら経験する紆余曲折初恋リフォームロマンスドラマ

キャスト

チ·ガンヒ ㅣ イ·セヨン

モーテル·カリフォルニア

田舎のモーテル「モーテル・カリフォルニア」で生まれ、モーテルで育った主人公。モーテルを運営する父親のために家がモーテルであるカンヒは、町内最高のおせっかいな父親と混血の母親の間に生まれた混血児で、生まれも家の環境も平凡ではない条件で人々のひそひそ話の中で成長し、内面に傷を持ったキャラクターだ。地元の友人であるヨンスを愛したが、20歳になった年の初日、初恋はもちろん家族も捨てて上京し、インテリアデザイナーの道を歩むことになる。故郷を離れて12年後、キャリアの頂点を極めようとしたその瞬間、仕方なく「モーテル・カリフォルニア」に戻ってくることになり、初恋のヨンスと再会することになる。

イ·セヨン 이세영
🔸1992年12月20日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸160㎝・51㎏・O型
🔸1997年ドラマ「兄弟の川」デビュー
🔸代表作:ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」「カイロス」「赤い袖先」「烈女パク氏契約結婚伝」「愛のあとにくるもの」など
🔸https://instagram.com/seyoung_10

チョン·ヨンス ㅣ ナ·インウ

モーテル·カリフォルニア

一生一人の女性だけを愛する純情男であり、田舎町のすべての農場主の関心を一身に受ける獣医。昼夜を問わず、立ち寄る農場主たちのアプローチを避けるため、一緒に働く獣医の仲間と結婚しているという誤った噂を放置し、辛うじて平和を取り戻している。そんな彼の前に、なんと12年ぶりに初恋のカンヒが現れる。まもなく他の女性と結婚すると思い込んだカンヒとの間で葛藤を経験することになる。

ナ·イヌ나인우
🔸1994年9月17日生まれ
🔸韓国光州広域市出身
🔸188.6㎝・74㎏・A型
🔸2013年ミュージカル「八百屋」デビュー
🔸代表作:ドラマ「哲仁王后~俺がクイーン!?」「月が昇る川」「ジンクスの恋人」「私の夫と結婚して」など
🔸https://www.instagram.com/10042n00/

あらすじ

田舎のモーテルを背景にモーテルで生まれ、モーテルで育った女性主人公が12年前に逃げた故郷で初恋と再会しながら経験する紆余曲折初恋リフォームロマンス

相関図

追加予定

エピソードリスト

回数あらすじ時間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

視聴率

回数日付全国首都圏
12024%%
22024%%
32024%%
42024%%
52024%%
62024%%
72024%%
82024%%
92024%%
102024%%
112024%%
122024%%
132024%%
142024%%
152024%%
162024%%

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

初恋の切なさを込めたロマンス

「モーテル・カリフォルニア」は、田舎のモーテルを背景に、モーテルで生まれモーテルで育った女主人公が12年前に逃げた故郷で初恋と再会しながら体験する紆余曲折の初恋リモデリングロマンスドラマだ。「モーテル・カリフォルニア」は、誰もが胸の中に抱いている初恋の切なさと初々しさを、愉快で意外性のあるストーリーに盛り込む予定です。ここに信頼して見ることができる俳優イ・セヨンとナ・イヌの新鮮な組み合わせも非常に期待される部分です。わくわくする愉快な青春ロマンスドラマの誕生を期待しても良い」として、ドラマに対する自信を表わしました。

原作はロマンス小説

原作は2019年に出版されたシム·ユンソ作家のロマンス小説です。

小説紹介
「私と寝る? あなたの最初が私だったらいいな。」19歳の最後の夜、H邑の不埒な少女チ・ガンヒが尋ねた。「私の最初は…あなた。それがいつでも。だから待ってるんだよ、私が」H邑の純情な少年天然水が答えた。20歳の初日、ガンヒはH邑を脱出した。H邑を離れてから12年。PM2.5と煤煙に疲れた冷たい都会の女は、ふとH邑の作男が懐かしい。

19歳の最後の日で、研修の世界は二つに分かれた。ガンヒのいる世の中といない世の中。バスターミナルで空き缶を握らせて、ガンヒがソウルに発ってから12年。子牛を治療していても、口蹄疫ワクチンを打っていても、ふとガンヒに会いたい。

モーテル·カリフォルニア

予告編

ポスター

* クリックすると大きく見ることができます。