You are currently viewing ファラン ㅣ韓国映画ㅣキャスト·あらすじ·感想·見どころを解析
  • Post category:MOVIE
  • Post last modified:2023-12-13

ソンジュンギの新しい映画新作【 ファラン 】が公開されました。キャストやあらすじ・感想などの情報を詳しく調べてみます。

基本情報

タイトルファラン 화란
ジャンルドラマ、犯罪、ノワール、アクション、スリラー、ハードボイルド
監督キム·チャンフン
脚本キム·チャンフン
公開日韓国2023年10月11日
撮影期間2022年9月13日~2022年12月3日
出演ホン·サビン、ソン·ジュンギ、キム·ヒョンソなど
上映時間123分
制作費用40億ウォン
観客数集計中
ファラン

ただやらないといけないならやるんだよ。 私たちは。

希望も未来もない町。 ここで生まれ、他のところには行ったことのない18歳の少年ヨンギュ(ホン·サビン)は、繰り返される継父の暴力の中でお金を貯めて母親と一緒にオランダ(ファラン、和蘭)に発つのが唯一の希望だ。

ここで生まれ育ち、今は組織の中間ボスになったチゴン(ソン·ジュンギ)。 早くも世の中は地獄だということに気づき、自分だけのやり方で生きていく。

ある日、弟の白い(キム·ヒョンソ)を守るために喧嘩をすることになったヨンギュ。 示談金が切実なヨンギュにチゴンが助けになり、これを契機にヨンギュはチゴンの組織で新しい人生を始める。 怖くて下手だが、実兄のようなチガンに従い、少しずつ適応していくヨンギュ。

治建の信頼を得て、組織で生き残るためにますます危険な状況に陥り始めるが…···

地獄から逃れるために地獄になることにした。

キャスト

キム·ヨンギュㅣホン·サビン

行きたいところがあります。 お母さんと。

ホン·サビン

悲惨で暗たんな現実から抜け出すために荒れた大人の世界に飛び込んだ18歳の少年です。

義父の暴力に耐えながら着実にお金を貯めて母と一緒にオランダ(ファラン、和蘭)に行こうという希望だけを持っています。 ある日、妹を守ろうとして喧嘩に巻き込まれ、チゴンの助けを借りて彼の部下に入ります。

ホン·サビン 홍사빈
🔸1997年4月18日生まれ
🔸韓国
🔸178㎝
🔸2018年映画「休暇」デビュー
🔸代表作:ドラマ「放課後戦争活動」映画「ユ・ヨルの音楽アルバム」など
🔸https://www.instagram.com/hongxabin/

チゴンㅣソン·ジュンギ

ここが家だよ。 お前にぴったりだよ、ここが。

ソン·ジュンギ

ヨンギュを信じて導いてくれる組織の中間ボスです。

ヨンギュと同じ村で育ちましたが、かつて世の中が地獄だということに早くも気づき、犯罪組織の中間ボスになって自分だけのやり方で生きてきました。 そしてある日、ヨンギュを助け、彼を部下に入れます。

ソン・ジュンギ 송중기
🔸1985年9月19日生まれ
🔸韓国大田広域市出身
🔸178㎝・65㎏・A型・275㎜
🔸2008年映画「霜花店」デビュー
🔸代表作:ドラマ「太陽の末裔〜Love Under The Sun〜」「ヴィンチェンツォ」「財閥家の末息子」など
🔸https://instagram.com/hi_songjoongki/ (所属事務所運営)

キム·ハヤンㅣキム·ヒョンソ

キム·ヒョンソ

悲惨な現実の前で揺れないようにしようとするヨンギュの腹違いの妹。 ヨンギュとは言い争いもするが、義父の暴力から保護もする少女です。

キム·ヒョンソ(ビビ) 김형서
🔸1998年9月27日
🔸韓国蔚山広域市出身
🔸168㎝・48㎏・A型
🔸2019年シングルアルバム「石鹼」デビュー
🔸代表作:映画「女子高怪談六番目の物語:母校」ドラマ「最悪の悪」など
🔸https://instagram.com/nakedbibi

スンスㅣチョン·ジェグァン

チョン·ジェグァン

チゴンの部下であり、チゴンの言葉には条件なく服従する人物です。 ヨンギュにとっては直属の先輩のような存在です。

チョン·ジェグァン 정재광
🔸1990年11月29日生まれ
🔸韓国
🔸178㎝
🔸2015年映画「スカウティングレポート」デビュー
🔸代表作:ドラマ「わかっていても」「サイコだけど大丈夫」映画「犯罪都市2」など
🔸https://instagram.com/jaekwang_jeong

モギョンㅣパク·ボギョン

パク·ボギョン

ヨンギュとハヤンの母。ヨンギュを連れて新しい結婚をしますが、続く暴力と貧困にすべての人生の意志を失い、無気力な姿です。 娘と息子の問題にも興味がなく、解決しようとする意志もありません。

パク·ボギョン 박보경
🔸1981年11月27日生まれ
🔸韓国インチョン出身
🔸165㎝
🔸2008年映画「今になって言える」デビュー
🔸代表作:ドラマ「今、別れの途中です」「ムービング」など
* 夫が同じ俳優のチン·ソンギュです。

あらすじ

映画「ファラン」は地獄のような現実から抜け出すために自ら地獄になってしまった2人の男の予測不可能な関係を通じて張り詰めた緊張感と特別な映画的感性を作り出します。

幼い頃、自分を捨てた実の父親と暴力的な義父、それに生活苦に苦しむ母親まで現実は厳しいが、いつかお金を貯めてオランダ(ファラン、和蘭)に行こうという夢を諦めないヨンギュ。 反面、世の中の冷酷さに早く気づき、しなければならないことは必ずしなければならないと信じる冷酷な組織のボス·チゴンがいます。

2人は置かれた状況も性格も違うが、自分と似たお互いの傷を調べます。 世の中で生き残るためには痛い傷も利用できなければならなかったチゴンがヨンギュに自分の生存方式を教え、次第に近づく過程は観客に傷ついた2人の人物に対する深い憐憫と悲しみを感じさせます。

しかし、時間が経つ事によってさらに危険に変化していくヨンギュの姿と、そのようなヨンギュを不安に見守るチゴンの複雑な心境が衝突し、「ファラン」は一寸先を予測しにくい緊張感で観客を導きます。 危険な現実から抜け出すために危険な選択を繰り返しますが、終わりの分からないエンディングに突き進む2人の男の話は、以前に見られなかった濃い感性と高い没入度、深い余韻で観客を魅了させます。

 ファラン

見どころ

ノーギャラ出演ソン·ジュンギ

ソン·ジュンギは映画のシナリオだけを見てノーギャラで出演する事を決めたと明らかにし、大きな話題を集めました。この映画はソン·ジュンギにとってはドラマ「ヴィンセンツォ」に続く2作目のノワール作品になります。

ソン·ジュンギは「ファラン」のシナリオをみてすぐに出演したいと思いましたが、自身の出演する事によって不必要なアクション場面が追加されることを憂慮してノーギャラを決めたといいました。 その後、ソン·ジュンギは今年開かれた第28回釜山(プサン)国際映画祭で製作会社のハン·ジェドク代表に出演料の代わりに時計をもらったというエピソードを聞かせてました。ソン·ジュンギの所属事務所「ハイストーリー」も映画「ファラン」の共同制作社でもあります。

この日、キム·チャンフン監督は「ソン·ジュンギ先輩が製作会社代表に『時計きれいだ』と言うと代表がその場でプレゼントとしてくれた」として「ソン·ジュンギ先輩が『それではこれで出演料を受け取ったことにする』とおっしゃった」とインタビューで伝えました。

カンヌ国際映画祭への招待

「ファラン」は地獄のような現実から抜け出したい少年ヨンギュが組織の中間ボスであるチガンに会って危険な世界に共にすることになり繰り広げられる話を描いたノワールドラマで、今年開催された76回カンヌ国際映画祭「注目に値する視線」セクションに招待されました。

「注目に値する視線」はカンヌ国際映画祭公式セクションであり才能のある若い監督を発掘し独創性と美学的に優れた作品を紹介する部門であり、ポン·ジュノ監督の「マザー」(2009)、ナ·ホンジン監督の「哀しき獣」(2010)が招待された経緯があります。

特に「ファラン」のキム·チャンフン監督は初の長編映画デビュー作でカンヌ国際映画祭公式招請の快挙を成し遂げたので意味を加える一方、ワールドプレミアを通じて初公開された以後「新しく本能的な生の魅力をプレゼントする」(News in France)、「組織の世界に足を踏み入れた少年の悲劇を描いた成功的な長編デビュー作」(Premiere)、「キム·チャンフン監督の印象的なデビュー作」(Premiere)、「キム·チャンフン監督が印象的なデビュー作。 緊張感で沸き立つ」(South China Morning Post)など海外メディアから好評を得ました。

また「ファラン」は第28回釜山(プサン)国際映画祭の「韓国映画の今日-スペシャルプレミア」セクションに公式招請されウェルメイド映画としての期待感を一層高めています。

 ファラン

新人俳優たちの好演

映画「ファラン」は若き俳優ホン·サビンとグローバルスターであるソン·ジュンギの強烈で緊張感あふれる呼吸、そして韓国を代表するアイコン歌手から俳優として果敢な挑戦を試みたキム·ヒョンソまで合流した多彩な演技シナジーで目を離す暇のない面白さをプレゼントします。

第17回ミジャンセン短編映画祭招請作「休暇」、第10回忠武路短編映画祭青年、大学生部門大賞を受賞した「猛暑」でしっかりとした演技力と新鮮なマスクで注目された俳優ホン·サビンは「ファラン花蘭」で頼れるところのない18歳少年ヨンギュ役を演じ、幅広いスペクトラムの演技を見せてくれます。

いつ倒れるか分からないバイクのように危険に疾走するヨンギュ役のホン·サビンは、怯えた少年の揺れる目つきから生きるために他人を踏みにじる毒気のある姿まで、キャラクターの複雑な内面と変化を完璧に消化しています。

ネットフリックス映画「勝利号スペース・スウィーパーズ」、ドラマ「ビンセンゾー」と「財閥の末息子」まで相次ぐメガヒット作で全世界のファンを魅了したソン·ジュンギは、従来の洗練されて柔らかい姿は思い浮かべにくいほど強烈な演技変身を披露します。

耳の傷よりさらに深い傷を秘めた歯巾に扮したソン·ジュンギは、外的な変化とともに中を察しにくい無表情な顔、中低音のボイスとさらに深まった目つきで前作とは全く違う魅力的なキャラクターを完成しました。 「ファラン」のシナリオに魅了され、ノーギャラで出演を自任するほど作品に大きな愛情を示したソン·ジュンギは、ストーリーの緊張感を引き締める強力な吸引力で観客を圧倒します。

義父の娘で、ある日からヨンギュと家族になったハヤン役は、Kコンテンツのアイコンに浮上した歌手兼俳優のキム·ヒョンソ(ビビ)が演じ、強烈な存在感を発散します。 表向きはぶっきらぼうに接するが、ヨンギュに憐憫を持って彼を守ろうとするハヤン役を唐突で強靭な目つきで消化したキム·ヒョンソは、新人らしくない成熟した魅力を遺憾なく見せてくれています。

感想

まず、ほぼ初めて主演を務めたホン·サビンとキム·ヒョンソの新人俳優たちが熱演を繰り広げ、演技に対する評価が高いです。 すでにドラマや映画で多数の興行作を保有しているソン·ジュンギは言うまでもなく。 俳優たちの優れた演技が没入感を高めるという評価です。

ただ、高い暴力性とかなり暗鬱で暗い雰囲気などによって評価が分かれています。

終わりに

タイトルのファランはオランダ(和蘭)を意味する漢名でもありますが、災いと大騒ぎを意味する漢字語(禍乱)でもあります。 英語のタイトル「Ho-peless」は「希望がない」という意味です。

絶望的な現実の中でもなぜか似たような姿のお互いに惹かれる二人の男と彼らに迫ってくる危険。二人にとってファランはどんな意味になりますでしょうか?