You are currently viewing ソウルの春 ㅣ最新情報ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ
  • Post category:MOVIE
  • Post last modified:2024-04-26

2023年11月に公開され、1300万人以上の観客を動員し、韓国映画賞の歴代9番目の興行記録を立てた映画「 ソウルの春 」。コロナ禍以来、最も興行した映画で低迷していた韓国映画界に活力を吹き込んだという評価を受けています。

基本情報

タイトルソウルの春
原題서울의 봄
ソウルの春
12.12: The Day
ジャンル時代劇、ノワール、アクション、政治
監督キム·ソンスㅣ映画「ビート」「風邪」「アシュラ」
脚本キム·ソンス、イ·ヨンジョン、ホン·ウォンチャン、ホン·インピョ
出演ファン·ジョンミン、チョン·ウソン、イ·ソンミン、パク·ヘジュン、キム·ソンギュンなど
公開日韓国:2023年11月22日
日本:2024年08月23日(予定)
撮影期間2022年2月17日~2022年7月3日
上映時間141分(2時間21分15秒)
製作費233億ウォン(約20億円)
観客数最終13,127,830人 (韓国)
* 韓国映画歴代9位
配信未定

✍️1979.12.12. その夜、徹底的に隠された9時間 ㅣ 1979, SEOUL. EVERYTHING CHANGED THAT NIGHT

キャスト

チョン·ドゥグァン ㅣ ファン·ジョンミン

ソウルの春

国軍保安司令官、戒厳司令部合同捜査本部長。 軍事クーデターを主導する人物です。 実在の人物であるチョン·ドゥファンをモチーフにしています。陸軍士官学校出身のハナ会を結成して作った軍人内の莫大なネットワークを土台に権力欲を表わし越権行為を犯します。

ファン·ジョンミン 황정민
🔸1970年9月1日生まれ
🔸慶尚南道馬山市出身
🔸180cm、75kg、O型
🔸1990年の映画『将軍の息子』でデビュー
🔸代表作:ドラマ「新しき世界」「国際市場で逢いましょう」 「哭声/コクソン」「工作 黒金星と呼ばれた男」 「極限境界線-救出までの18日間-」ドラマ「ナルコの神」

イ·テシン ㅣチョン·ウソン

ソウルの春

陸軍本部教育参謀部次長、首都警備司令官。 軍事クーデターを起こそうとするチョン·ドゥグァンに対抗する人物です。 実在の人物であるチャン·テワン少将をモチーフにしています。真の軍人の姿でFM通りに行動し、任された仕事に誠実で清廉な姿を見せます。 チョン·ドゥグァンと彼の一味が彼を抱き込もうとしますが、一刀のもとに断ります。

チョン·ウソン 정우성
🔸1973年4月22日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸186㎝・80㎏・O型
🔸1994年映画「クミホ(九尾狐)」デビュー
🔸代表作:映画「私の頭の中の消しゴム」「人狼」「ハント」ドラマ「パダムパダム -彼と彼女の心拍音-」「愛してると言ってくれ」など
🔸https://instagram.com/tojws

チョン·サンホ ㅣ イ·ソンミン

ソウルの春

陸軍参謀総長、戒厳司令官。 混乱した政局を収拾するために努力する人物であり、全斗煥の勢力を牽制するために李泰信を信任しようとします。 チョン·ドゥグァンの賄賂を断る清廉な姿も持っています。

イ·ソンミン 이성민
🔸1968年12月4日生まれ
🔸慶尚北道奉化郡出身
🔸175 265
🔸1987年演劇「リトアニア」デビュー
🔸代表作:ドラマ「ミセン」「未成年裁判」「財閥家の末息子」「運の悪い日」「元敬 ウォンギョン」映画「工作 黒金星と呼ばれた男」「KCIA 南山の部長たち」「ハント」など

ノ·テゴン  ㅣ 朴ヘジュン

ソウルの春

第9歩兵師団長。 実在の人物、ノ·テウ少将をモチーフにしています。 チョン·ドゥグァンの親しい友人で、チョン·ドゥグァンのクーデター計画に最初は躊躇しますが、結局反乱に加担して彼の右腕になります。

パク·ヘジュン 박해준
🔸1976年6月14日生まれ
🔸韓国プサン出身
🔸185㎝・75㎏・A型
🔸2022年ユンサンMV「引っ越し(移徙)」デビュー
🔸代表作:ドラマ「ミセン」「マイ・ディア・ミスター」「夫婦の世界」「本当にお疲れさまでした」「The 8 Show」など

キム·ジュンヨプㅣキム·ソンギュン

ソウルの春

陸軍本部憲兵監。 実在の人物であるキム·ジンギ准将をモチーフにしています。 ハナ会所属ではなく、憲兵兵力の指揮権を持っているため、チョン·ドゥグァン勢力にとって脅威となる人物です。 最後までチョン·ドゥグァンとその勢力を信じられず抵抗します。

キム·ソンギュン 김성균
🔸1980年7月5日生まれ
🔸韓国大邱広域市出身
🔸177cm |A型|275mm
🔸2012年、映画「犯罪との戦い」デビュー
🔸代表作:ドラマ「応答せよ1994」「 麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」「D.P. -脱走兵追跡官-」 「ムービング」映画「武道実務官

チェ·ハンギュㅣチョン·ドンファン

ソウルの春

大韓民国の第12代国務総理で、パク·チョンヒ大統領が死去した後、大統領権限代行を経て次期大統領に当選します。 実在の人物、崔圭夏(チェ·ギュハ)元大統領をモチーフにしています。 彼は最後まで原理原則を守り、国防部長官の承認なしに正常化参謀総長を連行しようとするチョン·ドゥグァンの裁可を拒否する姿を見せます。

オ·グクサンㅣキム·ウィソン

ソウルの春

国防部長官ですが、混乱した事態に身を隠し、遅れて陸軍本部に現れ、決定を下すことができないなど無能力な姿を見せます。 チョン·ドゥグァン勢力が渡した賄賂を受け取り、ハナ会に生ぬるい。 クーデター後は、チョン·ドゥグァン勢力と手を組んだようです。

コン·スヒョクㅣチョン·マンシク

ソウルの春

イ·テシン、キム·ジュンヨプとともにチョン·ドゥグァンの牽制を受ける人物です。 結局、クーデター勢力が特戦司令部まで攻め込むと、部下を全員送り一人で超然とした姿で彼らを待ちます。 この時、チョン·ヘインが特別出演したオ·ジノ少佐が彼を守るために再び戻ってきますが、二人とも実在の人物です。

あらすじ

1979年12月12日、首都ソウルで軍事反乱発生
その日、大韓民国の運命が変わった。

大韓民国を揺るがした10月26日以降、ソウルに新しい風が吹いてきたのもつかの間
12月12日、保安司令官のチョン·ドゥグァンが反乱を起こし
軍内の私組織を総動員して最前線の前方部隊まで引き抜き、首都ソウルに呼び込む。

権力に目がくらんだチョン·ドゥグァン保安司令官の反乱軍と、これに対抗した首都警備司令官のイ·テシンをはじめとする
政府軍の間、一触即発の9時間が流れるが···

命を懸けた二つの勢力の激しい対立と葛藤
今夜、大韓民国の首都で最も激しい戦争が繰り広げられる

OST

ソウルの春
発売日タイトルアーティスト
2023.11.22To The Frontline
前線に向かう
전선을 간다
イ·ジェジン

「前線を行く(前線に向かう)」は1980年代初頭に誕生した軍歌で、キム・ソンス監督が訓練所で特に感銘を受けた軍歌の一つです。監督はこの歌を映画に必ず使用しなければならないと強く主張し、結果として映画の中で使用されることになったと。この歌は前線で勇敢に戦う兵士たちに向けられたもので、「銃弾が飛んでくるが、死ね」という勇気と犠牲を促す内容を含んでいます。

見どころチェック

1300万観客を突破

コロナ禍を経験したことで、人々は映画館への足を遠のけるようになり、これは韓国映画界にとって大きな危機となりました。実際に、パンデミック終息後に公開された映画が次々と振るわない成績を出し、映画業界に危機感が広がりました。しかし、そんな中、「ソウルの春」という映画が公開されると、2023年12月24日の公開から1ヶ月後には観客動員数1000万人を突破し、最終的には1300万人を超える観客を動員して大ヒットを記録しました。この成功は、韓国映画界に新たな希望をもたらし、映画館への人々の足を再び引きつける力がまだ残っていることを証明しました。

韓国映画ランキング 歴代30ㅣ2024年最新

2024年1月27日 1,300万観客突破記念映像

実際の歴史を背景に

「ソウルの春」という言葉は、韓国の近現代史の中で特に重要な時期を指しています。1963年から1979年まで約18年間にわたり独裁政権を続けたパク・ジョンヒ大統領が亡くなった後の1979年10月から1980年にかけて、ソウルに訪れた短い民主化の希望の期間を意味します。パク・ジョンヒ大統領の時代、韓国では選挙法の変更により独裁が続けられ、民主化への熱望が高まっていました。しかし、パク・ジョンヒ大統領が最側近キム・ジェギュによって射殺され、大統領直選制が決定された後も、チョン・ドゥファン率いる新軍部勢力が12月12日のクーデターを通じて政権を掌握し、結局「ソウルの春」は訪れませんでした。

この期間に起こった光州での民主化運動は、新軍部勢力による残忍な鎮圧で知られています。タンクや軍用ヘリが動員されるなど、厳しい対応がなされました。この5・18民主化運動は、韓国の民主化への道のりの中で極めて重要な事件として記憶されており、多くのドラマや映画がこの事件を背景に制作されています。

映画「ソウルの春」は、このような韓国の激動の時期を背景にしており、独裁政権下での抑圧と民主化への希望、そして失望を描いています。この映画は、韓国の歴史における重要な瞬間を観客に再認識させると同時に、民主主義の価値とその獲得のための犠牲について深く考えさせる作品です。

「五月の青春」

5·18光州民主化運動を背景にしたドラマ「5月の青春」

新軍部クーデター以降

チョン・ドゥファン、ノ・テウが起こした新軍部勢力は、民主化を熱望する国民を残忍に制圧し、抑圧的な統治を続けました。1987年、全国で500万人以上が参加した6月の民主化抗争を通じて、大統領直選制が採択され、現在のように国民投票を通じて大統領を選出する制度が確立されました。この時期の背景を扱った映画「1987」などが多数公開されています。

チョン・ドゥファン、ノ・テウはその後、裁判により軍事クーデターに対する有罪を認められ、服役することになりました。現在は二人とも亡くなっています。この歴史的な変遷は、韓国の民主化の歩みと国民の勇気ある抗争の証として、今日でも多くの人々に記憶されています。

「1987」

1987年6月の民主化運動を背景にした映画「1987、ある闘いの真実」

興行の理由

実際の歴史を背景にしながらも、特に70-80年代の韓国の歴史を直接体験することができなかった20代や30代の若者層に大きな人気を集めた理由は、いくつかの要因が考えられます。

まず、映画が実際の出来事を基にしているものの、適度な脚色を加えることで、キャラクターの特徴を劇的に際立たせ、劇的な面白さを引き出している点が挙げられます。このアプローチにより、観客は単に歴史的事実を学ぶのではなく、登場人物たちの感情や葛藤に感情移入しやすくなり、物語に深く引き込まれます。

さらに、若い世代の観客にとって、自分たちが直接体験することのなかった歴史的事実を映画を通じて新たに知ることができるという点も大きな魅力です。歴史書で読むのとは異なり、映画は視覚的かつ感情的な体験を提供するため、より生き生きとした「動く歴史」として捉えられます。

リアルな演技

この映画は軍隊を背景にしており、現在、大韓民国の映画やドラマを代表する男性俳優が数多く出演しているということで、映画の魅力の一つになっています。主要キャストだけでなく、チョン・ヘインやイ・ジュニョクといった俳優の特別出演も光っているようです。これらの俳優が持つ安定感とリアリズムに富んだ演技が、映画のリアリティを高め、さらに観客に深い印象を与えていると評価されています。

劇中の俳優を探すという楽しみもあり、観客は知っている俳優を見つけることで映画をさらに楽しむことができるでしょう。

ソウルの春チョン·ヘイン

映画『ソウルの春』に特別出演したチョン·ヘイン

予告編

ポスター

ソウルの春
ソウルの春
ソウルの春

* クリックすると大きく見ることができます。