You are currently viewing 魅惑の人 ㅣ最新情報ㅣキャスト·相関図·見どころなど
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-03-08

チョジョンソクXシン·セギョンの新しい時代劇ドラマ「 魅惑の人 」の2024年1月放映が決定しました。 これまで公開されたキャスト・あらすじ・みどころなど詳細情報について詳しく調べてみます。

基本情報

タイトル 魅惑の人
原題セジャク、魅惑された者たち 세작, 매혹된 자들
ジャンル仮想歴史劇、ロマンス
回数16部作
放送期間2024月1月21日~2024年3月10日(予定)
チャンネルtvN
監督チョ·ナムグク l 「模範刑事」「アンタッチャブル」など
脚本キム·ソンドク l 「王になった男」など
出演チョ·ジョンソク、シン·セギョンなど
撮影期間2023年3月~2023年11月30日
配信Netflix予定

✍️ 王権と政治権力争いの危機に瀕した王イ·イン、そして復讐のために彼を惑わそうとして魅惑されてしまうセジャクカン·ヒスの残酷な恋物語

キャスト

イ·インㅣチョ·ジョンソク

魅惑の人

朝鮮の王。 王子時代の辰韓大君。 囲碁の天才

先代王の継妃(王の後裔である妃)朴氏の一人息子として生まれた。 すでに世子がいるにもかかわらず、母親のパク氏は息子のイ·インに「あなたは父親の後を継ぐ大統」とし、王宰教育を行う。 自分を大事にしてくれる異母兄のイ·ソンを見て苦しんでいた幼いイ·インは誓う。 死ぬ日まで兄の臣下として生き、忠心で仕える。

イ·インの誓いは清の侵略の結果、質子になって清の瀋陽に連れて行かれた時に光を放つ。 イ·インは師匠カン·ハンスンに随時書札を送り清の状況を知らせ戦争を避ける方法を講じるなど世作の役割を十分に果たすが、イ·インの忠心はむしろ王座を貪る逆心と見られる。 心が病んだ兄のイ·ソンが弟のイ·インを恐れ憎むようになったのだ。 一度心を与えれば変わることのない純情な男イ·インに迷い込んだ兄の変化は深刻な苦痛だった。 それで世の中を捨てたい気持ちになろうとしたあの時! 漆黒の闇の中の一筋の光のように、渇いた大地を濡らす小雨のように、あいつが現れる。

賭け囲碁、市井雜輩に過ぎないあいつが自分の代わりに自分を悪口を言う人々に対抗して戦う姿を見たイ·インは正体不明のあいつに完全に心を奪われてしまう。 名前も教えてくれない無厳なあいつに夢中になり、機楼に毎日のように出勤印鑑を押してあいつの代わりに刀を打たれる。 あいつと碁を打つために切なくしがみつき、惜しくも負けても怒る代わりに、素直に大事にする号(号:星号)、モンウ・夢雨(小雨)を渡し、身分と年齢を超越した友人になる。 友人のモンウが自分のせいで危険に陥ることになった時、イ·インはモンウを救うために生まれて初めて兄のイ·ソンに対抗し、兄の剣の下で素直に自分の首を出す。 私が死んでこそモンウが生き、兄のイ·ソンも迷いから抜け出すことができるだろう···

しかし、いざ血を吐いて倒れた人は兄のイ·ソンだった。

チョ·ジョンソク조정석
🔸1980年12月26日生まれ
🔸大韓民国ソウル出身
🔸174cm・AB型
🔸2004年ミュージカル「くるみ割り人形」デビュー
🔸代表作:ドラマ「ああ、私の幽霊さま」「嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中〜」「賢い医師生活シリーズ」映画「EXITイグジット」など
🔸http://www.chojungseok.co.kr/

カン·ヒス / カン·モンウㅣシン·セギョン

魅惑の人

カン·ハンスンの娘。 賭け囲碁屋。 細作。

母を早く亡くして国のことなら、足袋に飛び出す父の下で育つ。 親の充実した養育の代わりに召使いのジャグンニョンを頼りに生きてきたが、色々と足りない養育環境はカン·ヒスが士族の女食はあえて抱くことができない夢を見て格別な人生を送るようにする。

幼い頃、父親の肩越しで学んだ囲碁を一人で悟り、囲碁の達人だ。 石を置くことで何を変えることができるかと打撲するジャグンニョンを説得して男装をして怖がらず世の中に出たカン·ヒスは自称打称「神の境地」(入神)に至ったという賭け碁者たちを破り「名も知らない賭け囲碁者」として市中に名声を博し、そのように得た財物で清に連れて行かれた民の帰還のための身代金を用意する。 負けるのが嫌いで飽きるのはもっと嫌いだ。 だから石を置くと負けることがなく、一度勝てば二度と同じ人と置かない。 カン·ヒスは婚姻においても同じ信条を持っているが、幼い頃から囲碁で自分に勝てなかった男とは婚姻しないと決心していた。 カン·ヒスの友人であり、召使いであるジャ·グンニョンが内心カン·ヒスのパートナーと考えるまっすぐで偉そうなキム·ミョンハもこの信条は破ることができないが、そのようなカン·ヒスの信条を一度に崩した男が現れる。

辰韓大君イ·イン。 その尊い男がカン·ヒスの防御膜を突き抜けて思いっきり近づき、カン·ヒスは自分も気づかない間にお手上げで彼に夢中になる。 世の中がイ·インを疑って悪口を言う時、カン·ヒスマンは彼が迷いに揺れない強い人だと固く信じる。 その信頼はイ·インが逆謀の疑いを受ける時も動揺せず、自分はもちろん友人ホンジャンの命までかけてイ·インの無実を叫ぶほど強かった。

シン·セギョン신세경
🔸1990年7月29日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸164cm・ 48㎏・ B型
🔸1998年ソテジのアルバムモデルとしてデビュー
🔸代表作:ドラマ「ハイキック3~短足の逆襲~」「六龍が飛ぶ」「ハベクの新婦」「新米史官ク・ヘリョン」「それでも僕らは走り続ける」など
🔸https://www.instagram.com/sjkuksee/

キム·ミョンハㅣイ·シンヨン

魅惑の人

外戚のキム·ジョンベの息子。 文星大君の従兄。

司書三経を統達した士大夫でありながら弓術と剣術まで上手で、文武を兼ね備えているという言葉がぴったりの偉そうな男だ。 立派だが、偉そうにせず、不義を我慢せず、偏見なく世の中を見ようと努力する真面目な性格だ。 政治的反対派とも言えるミン·ジファンの弟、ミン·サンヒョと隔意なく親しく過ごし、父親のキム·ジョンベの部下の役割をする奸臣、ユ·ヒョンボとは距離を置く。

もともと勢いのない家門だったが、父親の姉である叔母が中殿に選ばれ、家門の命運が変わる。 キムミョンハは優れた過去試験の成績と家門の勢力図に支えられ、要職の弘文館教理で出仕する。 清の同志社に行くカン·ハンスンの署長官としてシムヤンに従った縁で、カン·ハンスンの人柄とイ·インとの司祭関係に惚れたキム·ミョンハは父親のキム·ジョンベにこの事実を隠してカン·ハンスンの家を出入りし、彼の娘のカン·ヒスを知り、彼女を心に抱く。 イ·インに好感を持っていたが、カン·ヒスがイ·インに対して格別な感情を抱いていることを知り、イ·インをライバルと感じ警戒する。 それでも父親のキム·ジョンベがイ·インを世作という逆賊の濡れ衣を着せられて除去しようとすると苦しむ。 皆がイ·インを疑う時、イ·インが逆心を抱いたはずがないと思う。

イ·シニョン이신영
🔸1998年1月24日生まれ
🔸韓国慶尚北道漆谷郡出身
🔸180cm A型
🔸2018年ウェブドラマ 「一口だけ」シーズン1デビュー
🔸代表作:ドラマ「愛の不時着」「キミと僕の警察学校」「浪漫ドクターキム·サブ3」など
🔸https://www.instagram.com/leesin_y/

イ·ソンㅣチェ·デフン

魅惑の人

イ·インの異母兄。 朝鮮の王。

母親を亡くし、父親の継妃パク氏をオマママ・お母さまと呼んで育つ。

13歳で世子に冊封されるが、世子になるほどの母親の外戚も党派もなかったため寂しかった。 その寂しさを満たしてくれた人は父親の継妃パク氏が産んだ弟イ·インだった。 目に入れても痛くないように大事にしていた弟だったが、ある瞬間、自分より明敏で自分より勇敢で自分より政治的手腕に優れた弟が気になり始める。 弟に対する不安と恐怖は変乱を経て自責が混じった憎悪に変わり、イ·ソンは自分に迫ったすべての苦痛と煩悩はイ·インと継母パク氏(大妃)が指差したものだという妄想を抱くようになる。

弱い王は苦い忠言を捧げる忠臣より甘い巧言をささやく奸臣に惹かれる法、イ·ソンは自分の正妃キム氏の五羅妃キム·ジョンベに力を与え、彼の思い通りに命を与えようとする清に軍師を渡すことを決める。 そのように決めておいては唯一信じて頼っていた領議政カン·ハンスンを通じて倒れていく明に対する道理を守るとして清に密かに世作を送り、結局このことが清に知らされ戦争の危機に処することになると絶望する。

この時、イ·ソンは君主としてやってはならない致命的な選択をする。

パク·ジョンファンㅣイ·ギュフェ

魅惑の人

完走部員。 英中枢府使。 王大妃朴氏のおらび。

計略の第一人者、処世術の達人。 相手の弱点に気づき、自分が望むことを成就するのにとても上手で、何よりも頭を下げて伏せる時と頭を上げて号令する時を見分ける能力が優れている。

朴氏一族は代々王妃を輩出し、王の外戚として権勢を享受してきたため、甥の李仁が龍床に座ることができないということを家門の屈辱と考える。 李仁を勇賞にあげた功労で朝廷の重責を引き受けてもおかしくないのに、すべての職を拒み、名誉だけの英中枢府使の座を固守する。 外戚中の外戚、実勢の素顔を隠すためだ。

姉の王大妃殿の威勢と甥の李仁の助言者という名誉を背に朝廷内外のことを勝手に左右する。

ユ·ヒョンボㅣヤン·ギョンウォン

魅惑の人

礼曹座廊。 キム·ジョンベの手下。 紅腸の帯。

名のある名望家の長者で礼曹官吏として奉職し礼と道理を強調するが、実状は富貴栄華のためならできないことがない、礼と道理は犬の糞ほども大切にしない小人、奸臣だ。

変乱中に家門の長者として命を守らなければならないとし、王に従う代わりに逃げる破廉恥な行動をしておきながら、実の姉のホンジャンが清に連れて行かれたが生きて帰ってくると死なずに生きてきて家門を汚したとし、あらゆる手段を動員して苦しめている。 一度抑圧心を抱くと、相手を選ばずにあらゆる手を動員して迫害する人間の末種だ。

キム·ジョンベㅣチョ·ソンハ

魅惑の人

兵曹判書。 キム·ミョンハの父。 中殿金氏のおらび。

強壮な性情に言葉遣いが強く疑い深い。 外戚ではあるが富貴栄華だけを願って勢力を作る部類の奸臣ではない。 むしろ国と民を考えることだけを見れば忠臣に近い。 イ·ソンに対する忠誠心が先んじているため、イ·インが逆心を抱いているという先入観にとらわれている。

カン·ハンスンㅣソン·ヒョンジュ

魅惑の人

領議政。 カン·ヒスの父親。 イ·インの師。

忠臣であり立派な師匠だが、良い父親ではない。 いつも国のことが最優先なので娘のカン·ヒスに申し訳ない気持ちを持っており、それで娘が望む通りに暮らせるようにしてあげると決心して婚姻を強要しない。 清に密かに明に細作を送った事件で、再び清の侵略を受ける危機に瀕すると、領議政としての責務を果たそうと思う。

イ·インの人々

チュ·サンファㅣカン·ホンソク

魅惑の人

異人の護衛武官。 別君職行首(行首右頭)。

謙司服出身で、武芸も優れているが忠心が格別な男だ。

変乱中、辰韓大軍の李仁とともに清軍に対抗して戦った後は李仁の護衛武官となり、李仁が勇翔に上がった後は別軍職の親衛軍。 護衛と敵間(不正があるかどうか調べる)の仕事を引き受ける)行首になる。 武芸にも長けているが、行動する前にいつも一歩下がって二人の命令を待つことができる賢明な男だ。 王イ·インの過去の歳月はもちろん、その心の中の流れまでも自分の手のひらのように貫いているため、カン·モンウ(カン·ヒス)を警戒する。

ドン尚宮ㅣパク·イェヨン

魅惑の人

イ·インの知密尚宮。

イ·インの母親、大妃に仕えるナインだった時から辰韓大君イ·インを心に抱いていたが、王イ·ソンの至密尚宮になりその心を折る。 イ·ソンが突然崩御した時、イ·インを助けた功労が認められ、イ·インの至密尚宮になり、兄弟関係であるイ·ソンとイ·イン、両王に仕えたという理由で国中が指差して悪口を言う覇倫の象徴になる。 イインの護衛武官チュ·サンファと極度の相克で、会うたびに顔を赤くして戦う。

皆が中宮殿より東上宮がもっと上殿だと考えるほど宮殿の実力者であり、誰も知らないイインの致命的な秘密を知っている唯一の証人だ。

ジ·ナムギュ

魅惑の人

内医院医官。
若い医官でイインの指名を受けて大殿を担当している。 主相イインから誰も知らない御命を受けて修行中だ。

キム内官

魅惑の人

大殿の内官。 イインがジャークに上がってから大殿を担当している内官だ。

世作勢力:カン·ヒスの人々

チュダルハ

魅惑の人

元武官。 細作。 カン·ヒスの助っ人。

カン·ヒスの実父カン·ハンスンの部下で、総隆軍初官(従九品武官)として奉職したが、カン·ハンスンの指示で古くから清と明を行き来する世作の役割を果たしてきた。 カン·ハンスンに内緒でカン·ヒスを助けて清に連れて行かれた力のない民を俗還(身代金を払って送還すること)する仕事をしていたが、ユ·ヒョンボの姉ホンジャンと知り、恋に落ちる。

カン·ハンスンの命で王イ·ソンの密書を持って明に行ったが、帰り道に清の軍事に急襲され、激しい拷問の末に片目を失う。 九死に一生を得た後、半村の白丁になってイ·インを引きずり下ろそうとするカン·ヒスを助ける。

ジャグンニョン

魅惑の人

カン·ヒスの友人であり、召使い

せっかちで言葉より行動が先立つ女性で、名前は小さいが体と背部は山のように大きい。 カン·ヒスと同じ年頃であるにもかかわらず、カン·ヒスを自分の子供のように扱い、大切にする。 幼い頃、カン·ヒスがチャ·グンニョンという名前の代わりに、ソヨン(小さな女の子)という名前を付けてくれるが、ついにチャ·グンニョンと呼ばれることを願う頑固者だ。 それで、他の人から見ると、相手のカン·ヒスに勝って食べているように見えるが、いつもカン·ヒスに負けるしかない、ヒスバラギだ。

ホンジャンㅣハンドンヒ

魅惑の人

妓女。カン·ヒスの友人。 ユ·ヒョンボの姉。

士族の女性だったが、変乱中に清に連れ去られ、俗に還されたことで家の見捨てを受ける。 カン·ヒスとチュ·ダルハの助けで帰ってきた後、自ら妓女の道を選択し、カン·ヒスを助ける仕事をする。 血を分けた兄弟のユ·ヒョンボにさまざまな脅迫と暴力で迫害されながらも、言いたいことを言って行動する決断力のある女性だ。

セドンㅣチョンソクヨン

魅惑の人

半寸の物置。 細作。

カン·ヒスの父親カン·ハンスンの人だ。 都城、いや朝鮮で一番の優れた手先の器用さを持った野蛮人で、気が利いて体が灰だ。 昔、田舎のソンビとして漢陽都城に出仕したカン·ハンスンと下宿先の主人として初めて縁を結び、大きな変乱を経験しながら自然に世作になる。 純情でまっすぐな性格でチュ·ダルハと兄弟のように過ごし、カン·ヒスを補佐する。

ジョミネ

魅惑の人

セドンの妻。

家も節度なくさまよって暮らし、変乱中にセドンと夫婦の縁を結ぶ。 半村下宿を経営しながら、世間に出回っているうわさや情報を集める。 言えない言葉を選ばないほどおしゃべりが好きで物色がなくてジャグンニョンとよく争うが、カン·ヒスと彼女に従う人々に対する義理と俗情だけは誰よりも深い。

ブンヨン

魅惑の人

宮殿の色長ナイン。 細作。

変乱中に両親と共に清の兵士に捕らわれて清に連れ去られ父を亡くす。 母親とともに清の人の奴婢として暮らし、カン·ヒスとチュ·ダルハの助けで俗還し、朝鮮に戻る。 母親が清の奴婢生活中に得た病気で亡くなった後、セドンとジョムの養女になって暮らし、カン·ヒスの復讐のために宮に入り、セクジャンナイン(宮殿で書札を伝える仕事を担当するナイン)になる。

大妃殿と中宮殿、側室の手紙を運ぶ仕事をしながら、カン·ヒスが宮殿の内密な情報を得るのに役立つ。

草岩キム·ジェナム

魅惑の人

一時朝廷の神料。 カン·ハンスンの旧友。

本市の朝廷に出仕して重職を引き受けたこともあるが、戦乱を防げなかった罪悪感とパク·ジョンファンとキム·ジョンベのような外戚が朝廷を掌握したことに対する失望で辞職し、都落ちする。 私利私欲に揺れない、芯の固い男で、王の語義にもなるほど優れた医術の実力を持っている。 カン·ハンスンとは長年の友人関係で、その女食であるカン·ヒスの傷痕を治療し、カン·ヒスがカン·モンウという囲碁人に身分を偽装することを助ける。 囲碁に本気なので娘のようなカン·ヒスの教えを受けるが、実力が伸びず毎回負ける。

王室の人々

王大妃朴氏ㅣチャンヨンナム

魅惑の人

先代王の継妃。イインの実母。 パク·ジョンファンの姉。

性格が火のようで忍耐力がない方だ。 自分の望むことのために相手を操り懐柔する能力に優れている。

王妃を輩出してきた家門の威勢を背負って16、花のような年で花のような顔で宮に入り、二人を産んだ後、息子を大統(王位を継承する血統)にして勇像に上げると決心する。 オラビのパク·ジョンファンと一つになってイ·インを教え勢力を育てていくが、外見だけ産んで中は産めなかった息子イ·インが母親の心をあまりにも知らずにすれ違うだけで腹が立つ。 李仁がジャークに上がった後も、このような状況は変わらない。 イ·インがイ·ソンの女性だった東尚宮を至密にして中殿と側室を遠ざけると、毎日胸が熱くなる。

ジャンリョン姫

魅惑の人

先王イソンの長女。イインの甥。 キム·ミョンハの従兄弟。

堂々として賢い性情を持っているが、父親の情を知らずにひたすら母親の意に従って生きてきたため、母親のキム氏が残した遺言を守ることが人生の目標になってしまった可哀想な少女だ。 婚姻する年齢になると、祖母王大妃パク氏の思い通りに婚姻することになるのではないかと、弟のムンソン大君を守れなくなるのではないかと毎日不安になる。

文星大君

魅惑の人

先王イソンの息子。 イインの甥。 キム·ミョンハの従兄弟。

両親の情を知らずに育ったが、姉の長令公主の猟猟な保護の下でよく育った。

人を簡単に信じられない環境で育ったにもかかわらず、心を交わすことに躊躇しない。 他人が親を殺した敵だとささやく叔父の李仁に対しても、祖母の王大妃朴氏の疑いを避けるために表向きでは怖がるふりをするが、内心ではそれなりの判断を下して行動する。 命が危険な状況でも姉を守り、自分の意思を守るために勇気を持って行動する少年だ。

中殿オ氏

魅惑の人

イインの妻。 オ·ウクファンの娘。

きれいな外見ではないが落ち着いた性情を持ち、王大妃パク氏の指名を受け、中宮殿の主人になった。 しかし、3年近くも李仁の心を東尚宮から回せず、原子も生産できなかったという理由で王妃朴氏の虐待を受け、心身ともに崩れ始め、いつのまにか一日も痛くない境遇になる。 表向きは何も見せないが、東上宮を殺したいほど憎んでいる。

ハン尚宮

王大秘伝上宮。

李仁の母、朴氏が中殿になった時から一緒にやってきた尚宮。 王室のサビを食べているが、パク·ジョンファンが面倒を見てくれたため、長い間パク氏一家のために生きてきた。

朝廷の臣下たち

オ·ウクファンㅣオム·ヒョソプ

余興部員君。 中殿呉氏の父。

生まれつきの小人輩、天が出した者林峠と呼ばれる。 一度手にした財物は空が崩れても決して渡さないという所信を持ち、外戚パク·ジョンファンの家の敷居がすり減るほど出入りした理由は、ひたすら世の中の富貴栄華を手にするためだった。 しかし、李仁を龍像に載せたボールで一人娘を中殿の席に座らせ、富原君になると、むしろ光に積み上げた財物が漏れ始める。 重伝魔魔の懐妊(妊娠)のために広門を開き、朝鮮八道の巫女と道士たちを呼び込み、山の中で寺ごとに供養美を捧げ、始皇帝もあっち行けと言うほど名薬の名医を探し回る。

ミン·ジファン

朴ジョンファンの右腕。 兵曹判書。

目的のためなら誰でも躊躇せずに切らなければならず、切ることができてこそ真の男だという所信を持った男だ。 一見、道理に明るい理性的な人間に見えるが、実は目的の前に手段を選ばない冷静な人間だ。 イ·インをジャークに乗せたボールで兵曹判書になった後、パク·ジョンファン、オ·ウクファンと共にサムファンと呼ばれるほど勢力が大きくなる。 外戚の朴ジョンファンには頭を下げるが、ジュンジョンの父親である呉旭煥(オ·ウクファン)は見下していつも皮肉を言う。

ミン·サンヒョ

キム·ミョンハの友人。 ミン·ジファンの弟。


兄のミン·ジファンと違って世の中に大きな欲がない好人。 仲間同士で会うからといって、キム·ミョンハとは幼い頃からの友人だ。 キム·ミョンハがコブギなら、ミン·サンヒョはウサギ。 面白いことを探してあちこちうずうのが好きだ。 自らを囲碁の神だと思う。 姜熙秀(カン·ヒス)が賭け囲碁をして、あっという間に勝ったことがある。 カン·ヒスが女性だとは知らずに惹かれ、しばらく一人でアイデンティティの混乱を経験する。

チョン·ジェピョㅣチョ·ジェリョン

清の官吏。 通事通訳官。 朝鮮の奴婢出身。
辺境の奴婢として生まれた。 頭が良く、気が利くので、幼い頃から国境を行き来しながら耳をこまねいて清と明の言葉を習得する。 変乱が起きると清の軍事に投降、通訳として活躍し、その功績で使臣団の通事通訳を務める官職につく。 奴婢として生まれ、迫害を受けながら育ったという理由で朝鮮を裏切り、細々と黄色いことを合理化し、自分の利益のために行動する。

あらすじ

魅惑の人

高い地位にあるが、心だけは浅はかな王様と彼に復讐を夢見たが、夢中になってしまう細作の残酷な恋物語

✏️公式ホームページ紹介
兵法の大家、孫子は世作についてこのような言葉を残した。
「三軍の仕事の中で、細作より親密なものはなく
世作に勝るものはない。
聖なる知恵を持った者でなければ細作を書くことができず
善良な者でなければ世作をすることはできず
神妙な者でなければ世作の成果は得られない」
世作は権勢を持った者をだまして情報を引き出す者をいう。
だまして盗むのだから
世の中で最も卑しいことだと言えるだろう。

ところでどうして孫子は
世作と世作をする者のことを話しながら
「聖なる、善良で、義なる、神妙である」と言ったのだろうか?
世作の道は心と全力を尽くして相手を欺き
その心を得て、最終的には相手の意思さえ揺さぶられるようにすること、
致命的な混乱の中に相手を落として目的を達成することにある。
相手を完全に騙そうとするなら、その過程で
細雀自身も相手ほど揺れないといけないし
致命的な混乱を経験しなければならず
これは恋に落ちる過程とあまりにも似ている。
人を欺く最も卑賤な方法で
心という最も尊いものを得るのだから、
それで孫子もとても卑しいと悪口を言えなかったのだろう。

『セジャク、魅惑された者たち』は一国のすべての権勢を持っているが
心は限りなく卑賤な王であるイインと、
彼を倒すために
世作となった女性カン·ヒスが大義と名分、
愛と復讐のためにお互いを欺く
熾烈な暗闘の記録であり、
お互いの心臓に向かって剣を向けたまま
黒い石と白い石を置いていく
棋譜(囲碁を置いていった記録)である。

この残酷で魅惑的な戦闘、
一本勝負の勝者は誰になるだろうか?
勝者になれば、果たして皆が望む平穏が訪れるだろうか?
どうしても生半可に答えにくい質問に切実な祈りで答えてみる。
願わくば民の血涙を慰める
風が吹いて小雨(モンウ)が降れば、
桃の花が咲き乱れる木
陰の下で運命の恋人と向き合って
甘い手談 (何も言わなくても
心の通じる囲碁)分けられますように。

相関図

魅惑の人 相関図

視聴率

回数日付全国首都圏
12024.01.213.9774.077
22024.01.213.0893.224
32024.01.273.2863.550
42024.01.286.0165.968
52024.02.033.868
62024.02.045.4615.350
72024.02.094.1624.573
82024.02.104.7334.863
92024.02.116.3696.290
102024.02.116.7036.792
112024.02.174.1004.240
122024.02.185.9385.837
132024.02.244.9425.272
142024.02.256.6757.082
152024.03.025.6096.030
162024.03.037.7637.915

*1,2話:2024年アジアカップ中継により1、2回連続放送

OST

発売日タイトルアーティスト
2024.01.21꿈이라도 좋을 꿈
Daydreaming
Shin Ji Hoon
2024.01.28가랑비
濛雨 Dirizzle
권진아
Kwon JinAh
2024.02.04파랑
波浪 Wave
태일
TAEIL
2024.02.18그대라는 꽃잎로이킴

見どころチェック

セジャクとは?!

原題の「セジャク」とは、身分を隠して秘密の手段を用いて情報を収集し提供するスパイを意味します。簡単に言うと、スパイということですね。ドラマの原題「セジャク、魅せられた者たち」は、このスパイが登場するロマンス時代劇ドラマであり、従来の時代劇とは異なる独特の魅力を持つ作品になることが予想されます。

このドラマでは、古代のスパイとその周囲の人々の物語が描かれることでしょう。ロマンス要素が含まれているため、従来の時代劇に加え、恋愛や人間関係のドラマも期待できます。スパイという要素が物語にどのような影響を与え、視聴者にどのようなサスペンスと感情を提供するか、非常に興味深いところです。

「魅惑の人」 時代背景

「魅惑の人」は仮想の丙子胡乱以降の朝鮮時代を背景にしています。 丙子胡乱とは、清が朝鮮に戦争を宣布すると、当時朝鮮の王だった仁祖(インジョ)が清に降伏し、太子をはじめ多くの朝鮮の国民が清の人質として捕らえられた事件でした。

このような丙子胡乱を背景にしたドラマ「恋人」が2023年に放送され、視聴率10%を突破し大きな人気を集めたことがあります。 ドラマ『恋人』は丙子胡乱という悲劇的な時代を正面から生きていく2人の物語を描いていますので、丙子胡乱に関するより多くの情報が気になる方は以下のリンクをご確認ください。

時代劇のベテラン

このドラマの脚本は、『王になった男』や『大王の夢』などの時代劇ドラマを手掛けたキム・ソンドク作家によるものです。

主演のチョ・ジョンソクとシン・セギョンは、それぞれ過去に時代劇に出演した経験があります。チョ・ジョンソクは、ドラマ「緑豆の花」と映画「観相師 かんそうし」で時代劇の演技を披露していますが、今回のドラマで演じる高い身分の役は初めてのことになるでしょう。

一方、シン・セギョンはドラマ「六龍が飛ぶ」や「新米史官ク・ヘリョン」で美しい韓服姿を披露し、話題を集めました。今回のドラマでは男装の姿も登場する予定で、彼女の新たな一面が見られることが期待されます。

これらの経験豊富な俳優たちが、キム・ソンドク作家の脚本と組み合わさることで、どのような新しい時代劇が生まれるのか、非常に楽しみです。

チョ·ジョンソクの急激な身分上昇が話題に🤣

台本リーディングの現場が公開

チョ・ジョンソクとシン・セギョンは、初の「 魅惑の人 」台本リーディングで、囲碁を通じて絡み合うふわふわしたピンク色の雰囲気を作り出し、王と細作(身分を隠し、秘密や状況を密かに突き止め、情報を提供するスパイ)を演じる残酷なメロドラマ時代劇に対する期待を高めました。

さらに、デビュー後初めての時代劇に挑戦するイ・シンヨンは、カン・ヒスを慕うキム・ミョンハ役を安定した演技力で表現し、イ・インの寵愛を独り占めするジミル尚宮の東尚宮役を演じるパク・イェヨンは、秘密の雰囲気で緊張感を醸し出しました。

魅惑の人

予告編

ポスター

* クリックすると大きく見ることができます。