You are currently viewing むやみに接してくれ ㅣキャスト·あらすじ·相関図·見どころ3
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2024-05-14

キム·ミョンス(エル)Xイ·ユヨン主演のKBS2TVドラマ「 むやみに接してくれ 」が2024年5月に公開される予定です。 ウェブトゥーンを原作とするロマンティック·コメディですが。 どんな内容なのか詳細情報を調べてみました。

基本情報

タイトルむやみに接してくれ
原題함부로 대해줘
ジャンルロマンティック·コメディ
回数16部作
放送期間2024年5月13日~2024年7月2日 (予定)
チャンネルKBS2TV
監督チャン·ヤンホ
脚本
出演キム·ミョンス、イ·ユヨンなど
撮影期間
配信Wavve・Rakuten viki
原作ウェブトゥーン 「むやみに接して」 作家:ソンウ

✍️骨の髄まで儒教を身につけた城山村出身の鉄壁男子弟子シン·ユンボクと直進しか知らない猪突的現代女性師匠キム·ホンドの本格ディフェンスロマンチックコメディー

むやみに接して ㅣキャスト

シン·ユンボクㅣキム·ミョンス(エル)

むやみに接してくれ

ウリム·シン氏28代目の孫。 城山村の後継者

ソンビの国、朝鮮がそのまま受け継がれてきた、
朝鮮特別自治区「城山村」を守ってきた両班家ウリム·シン氏の宗孫で、城山村の後継者。
密かに持ち出される文化財を取り戻す「文化財返還スペシャリスト」。

古い古画の中から飛び出したように、玉骨旋風の容貌に
高潔な人柄、優れた文武まで兼ね備えた21世紀の士人。
伝統と価値観を守るという自負心とともに、
家門の代代に与えられた重大な義務感にいつも肩が重い。
しかし、一方では鳥のように自由を享受したいMZ世代。

疾風怒濤の思春期の頃、ウェブトゥーン作家の夢を追ってソウルへ家出を敢行した街
人生の師匠である金弘道(キム·ホンド)に会った。
何の偏見もなく自分を見てくれた唯一の師匠だったのに
恩も返せないまま村に帰らなければならなかったのに···
7年ぶりに帰ってきたソウルで、彼女に再会する。
軍事部一体··· ユンボクにとって師匠とは天のような存在であり、
先生がしきりに無理な頼みをする。
「むやみに接してほしい」って··· どうして弟子が師匠を…!
シン·ユンボク24年の士人一本道の人生に最大の危機が迫る。

キム·ミョンス (エル)김명수
🔸1992年3月13日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸180cm, 68kg, O형, 265mm
🔸2010年6月9日 INFINITEミニ1集 First Invasionデビュー
🔸代表作:ドラマ「ハンムラビ法廷(ミス・ハンムラビ)」「ただひとつの愛」「おかえり」など
🔸http://instagram.com/kim_msl
🔸http://myungsoo.jp/

キム·ホンド ㅣ イ·ユヨン

むやみに接してくれ

ロッシュ ファッション デザイン チーム アシスタント

母は早く世を去り、父は家まで吹き飛ばして一人で夜逃げ、
一人で分別のない弟を大事にしながら花のような20代をバイトに捧げて、
あくせく暮らす少女家長。
職業は、グローバルハイエンドブランド「カミーユ」のデザイナー…を夢見る
国内の中小ファッションブランド「ロッシファッション」のデザインチームのアシスタント。

たまに、服に見劣りして
よく、先輩たちの感情のゴミ箱に転落しがちですが、
それでも何事にも明るく肯定的な性格を失おうと努力している。
いつか素敵なカミーユデザイナーになる日を夢見て、
悲しみと悲しみはギャグに昇華し
性質と尊心は殺し、社畜として生きていくK-会社員。

自尊心が底をつくドヤドヤのような現実の中、
唯一、自分をむやみに扱わない男が現れる。
都浦の身なりに笠までかぶった朝鮮スタイルの男、いや弟子、
シン·ユンボクが紅島の前に現れ、いきなりお辞儀をし、カーネーションを差し出す。
久しぶりにもらった花に心が揺れる。
儒教男子のユンボクの鉄壁に向かって突進し始めるが…···

イ·ユヨン 이유영
🔸1989年12月8日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸168cm, 48kg, 245mm, O형
🔸2012年、短編映画「花は枯れるのではなく…」デビュー
🔸代表作:ドラマ「君のせいで何もできない!」「シネマティックドラマ SF8 」「インサイダー 」映画 「奸臣」「ディーバ」など
🔸https://www.instagram.com/___2u0

カミーユㅣペ·ジョンオク

むやみに接してくれ

ブランド品ファッションブランド「カミーユ」チーフデザイナー、韓国系フランス人

ヨーロッパ各国の王室で最も愛されているファッションブランドであり、
ハリウッド俳優の最愛のワナビーブランド品「カミーユ」のCEO兼チーフデザイナー。
一言で言えば、業界ピラミッドの一番上。
目が合っただけで言葉が出ないカリスマと寸鉄殺人のようなストレートな話し方、
ファッション業界の巨匠らしいフォースまで持っているが、
同時に、少女らしい純粋さと明るさも持った。

望むところならどこでも
ファッションショーまで十分、夢中になると無条件押し付けるブルドーザーのような性格ですが、
そんな彼女にもたった一つトラウマがあるので、
まさに初恋の相手に振られた過去史。

シン·スグンㅣソヌ·ジェドク

むやみに接してくれ

ウリム·シン氏26代目の孫。 ユンボクの祖父

城山村の首長。
絹のようになめらかな顔に、トゥルマギを羽織った優雅な風采は
大まかに韓服を着たリチャードギアのような感じ。
ゴージャスな外見とは裏腹に、性格は終始厳格だ。
時代の流れに合わせて村を開放しようという内外の声にも
目一つ動かない頑固な態度、興宣大院君、あっちへ行けだ。

もともと、ここまで閉鎖的な人物ではなかった。
若い頃のパリ留学経験をもとに
略奪された文化財を取り戻すための国際的なキャンペーンを続けているだけでなく、
寄付と奉仕を惜しみなく実践する「ノブリス·オブリージュ」の手本に挙げられる彼。
だが、一人息子が村の開放の先頭に立った この世を去った後、
スグンは心の扉も村の扉も、しっかりと歩いて鍵をかけた。
命がかかっている限り、絶対に城山村を開放することはないと誓い、幼い孫のユンボクを揺るぎない後継者として厳格に育ててきた、
半百年前、パリで別れた初恋の人が突然登場し
静かだったスグンの心に台風が押し寄せる。

イ·ジュンホㅣパク·ウンソク

むやみに接してくれ

韓国料理店「城山館」社長

城山村の食材のみを使用する高品格韓国料理専門店「城山館」のオーナー。
高貴な外見にブランド品を纏って通っていて、みんな留学派の金のスプーンだと思っていますが
彼の生まれは··· 奴婢だ。
15歳になると、主人の娘をひそかに慕い、身分の壁を越えることができない
痛い現実に挫折して村を飛び出した。
歯を食いしばって働き、いつの間にか富と成功を全て手に入れたが、
依然としてその家の奴婢に固執する母親のために村と縁を切ることができずもどかしい。
ソンサン村の人なら、もう歯が震えるほどなのに······

シン·イボク ㅣ ジョイン

むやみに接してくれ

アルバイト生

ユンボクの前に現れた疑問の女性。
正体を隠したまま、ユンボクとジュノのそばをうろつく。

むやみに接して ㅣあらすじ

儒教思想を装着した城山村出身の鉄壁男弟子「シン·ユンボク」と猪突的な現代女性師匠「キム·ホンド」の話だ。

✏️企画意図
物質的価値と競争構図の中で
他人にむやみに接することが日常茶飯事になってしまったこの頃、

「仁、義、礼、知」を備えた高貴で尊厳な人性を持った主人公が見たかった。
人に対して温かく、義理堅い心を持った「朝鮮のジェントルマン」。
誰もむやみに接しない、「ソンビ」。
「むやみに接してくれ」という礼儀作法を命のように思うMZソンビ、シン·ユンボクが
誰にでもむやみに接する社会最弱のキム·ホンドに会って繰り広げる、
とても礼儀正しく暖かいロマンスの成長期だ。

むやみに接してくれ

相関図

むやみに接してくれ相関図

視聴率

回数日付全国首都圏
12024.05.13
22024.05.14
32024.05.20
42024.05.21
52024.05.27
62024.05.28
72024.06.02
82024.06.03
92024.06.10
102024.06.11
112024.06.17
122024.06.18
132024.06.23
142024.06.24
152024.07.01
162024.07.02

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

原作ウェブトゥーン

原作は2020年3月から2021年8月までネイバーで連載されたウェブトゥーン「むやみに接して」です。 全75話で完結しており、シンプルな作画で人気を集めました。

✏️原作紹介
今も朝鮮時代は続いている?!

城山村から来た鉄壁男子弟子のシン·ユンボクと猪突的な直進女の師匠キム·ホンドの本格ディフェンスロマンス。

ジャンルはロマンティック·コメディですが、二人の恋愛物語に限らず、過去の時代的理念にとらわれて生きなければならなかった女性たちの現実を描いたりする予定です。 この原作ウェブトゥーンの男性主人公であるシン·ユンボクは、とても由緒ある家の息子として生まれ、竹を割ったようなソンビのような姿を見せてくれますが、心の片隅には母親の不在に対する傷を持っている人なんです。

とにかく、シン·ユンボク役の俳優キム·ミョンスの書き立てが楽しみ!

むやみに接して

タイトル「むやみに接して」

男性主人公「シン·ユンボク」は、2024年、現代でも笠をかぶって通りを歩くほど由緒ある両班家の子孫として登場します。 そして女主人公の「シン·ユンボク」は学生時代、彼の美術学院の先生でした。 そのため、「キム·ホンド」を師匠として斬るように仕えます。 しかし、彼との壁を崩したいキム·ホンドは「シン·ユンボク」に向かって叫びます。

どうか私にむやみに接して!!!

ちなみに、シン·ユンボク×キム·ホンド、この二人の名前は、かつての朝鮮時代後期の有名な画家の名前と同じです。

むやみに接して

台本リーディング現場公開

現場には、チャン・ヤンホ監督とパク・ユミ作家をはじめ、キム・ミョンス(シン・ユンボク役)、イ・ユヨン(キム・ホンド役)、ペ・ジョンオク(カミユジャン役)、ソンウ・ジェドク(シン・スグン役)、パク・ウンソク(イ・ジュンホ役)など、優れた演技力を持つ俳優たちが一堂に会しました。彼らは心地よい緊張感とともに、現場に活気をもたらしました。

台本リーディングが始まると、俳優たちはそれぞれのキャラクターにすぐに没入し、格別な演技のシナジーで場の雰囲気を盛り上げました。キム・ミョンスは低いトーンとまっすぐな姿勢で、落ち着いて礼儀正しい21世紀の士人、シン・ユンボクのキャラクターを表現しました。彼の演技は、相手の心を揺さぶる多情多感な面も見せ、シン・ユンボクの多彩な魅力を引き出しました。台本リーディングだけでなく、キム・ミョンスのディテールに富んだ演技は、シン・ユンボクのキャラクターをさらに際立たせ、現場にときめきと笑いをもたらしました。

むやみに接して
むやみに接して

予告編

ポスター

むやみに接してくれ
むやみに接してくれ

* クリックすると大きく見ることができます。