You are currently viewing ジョンニョン ㅣ最新情報ㅣキャスト·相関図·見どころなど
  • Post category:DRAMA
  • Post last modified:2023-12-20

2024年公開予定のtvNドラマ「 ジョンニョン 」。 1950年代を背景に女性国劇の話を描いたウェブトゥーンを原作とするドラマです。 キャスト・あらすじなどの詳細情報を調べてみました。 女性国劇とは何でしょうか?!

基本情報

タイトルジョンニョン 정년이
ジャンル時代劇、成長、音楽
回数
放送期間2024年予定
チャンネルtvN
監督チョン·ジイン「赤い袖先」
脚本チェ·ヒョビ「いつかの君に
出演キム·テリ、シン·イェウン、ラ·ミラン、ムン·ソリ
撮影期間2023年10月20日~
配信
原作ウェブトゥーン「ジョンニョン」ソイレ、ナモン

✏️1950年代の韓国戦争直後、歌一つだけは生まれつきの少女「ジョンニョン」の女性国劇団入城と成長期

キャスト

ユン·ジョンニョンㅣキム·テリ

ジョンニョン

国劇俳優になるために血血の単身木浦から上京したパンソリの天才少女

キム·テリ 김태리
🔸1990年4月24日生まれ
🔸韓国ソウル出身
🔸166cm 46kg 225mm B型
🔸2014年 「ザ·ボディショップ」CMデビュー
🔸代表作:ドラマ「ミスター・サンシャイン」「二十五、二十一」「悪鬼」映画「お嬢さん」「宇宙+人」など
🔸https://www.instagram.com/kimtaeri_official/

ホ·ヨンソㅣシン·イェウン

ジョンニョン

歌、ダンス、演技何一つ抜けないしっかりとした実力に家の背景まで備えた自他共に認める聖骨の中の聖骨

シン·イェウン 신예은
🔸1998年1月18日生まれ
🔸京畿道安養市出身
🔸168.7cm 47kg B型 235mm
🔸2018年プレイリストウェブドラマ『A-TEEN』デビュー
🔸代表作:ドラマ「2人の恋は場合の数」「ユミの細胞たち2」「ザ・グローリー」「コッソンビ熱愛史」など
🔸https://www.instagram.com/__shinyeeun/

カン·ソボクㅣラ·ミラン

ジョンニョン

涼しげなカリスマ性と竹のような性格を持つ梅蘭(メラン)国劇団の団長

ラ·ミラン 라미란
🔸1975年3月6日生まれ
🔸江原道旌善郡出身
🔸160cm 60kg
🔸2005年、映画「親切なクムジャさん」デビュー
🔸代表作:ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」「ポッサム〜愛と運命を盗んだ男〜」「良くも、悪くも、だって母親」映画「ガール・コップス」「正直な候補」など
🔸https://www.instagram.com/ramirani668/

ソ·ヨンレㅣムン·ソリ

ジョンニョン

天才歌い手だった過去を葬ったまま一人で子供を育てたジョンニョンの母親

ムン·ソリ문소리
🔸1974年7月2日生まれ
🔸韓国プサン出身
🔸164㎝・A型
🔸2000年映画「ペパーミント・キャンディー」デビュー
🔸代表作:映画「お嬢さん」ドラマ「青い海の伝説」「「クイーンメーカー」「本当にお疲れさまでした」など

あらすじ

持ってるものもないし習ったこともないけど、歌一つだけは生まれ持った木浦(モクポ)少女のジョンニョン! ジョンニョンの夢は女性国劇団に入って金持ちになることだが···

学ぶべきことは多く、主演俳優の座は遠いだけだ。 果たしてジョンニョンは大スター、金持ちになれるのか?

相関図

追加予定

視聴率

回数日付全国首都圏
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16

OST

発売日タイトルアーティスト
1

見どころチェック

原作ウェブトゥーン

<連載期間>
1部 : 2019.04.01.~2020.02.17
2部 : 2020.05.04.~2021.02.22
3部 : 2021.06.07.~2022.05.16

原作はNaverに連載されて2019年大韓民国マンガ賞を受賞したウェブトゥーンになります。 1950年代、韓国戦争の休戦協定から3年後の1956年を背景に、女性国楽人が活動していた唱劇劇団の女性国劇を素材に、音で金持ちになろうとする全羅南道木浦出身のユン·ジョンニョンを中心に展開される物語を描きました。

ウェブトゥーン原作としては初めて唱劇としても作られ、国立劇場に上がった事があります。

✍️原作紹介
女性国劇。
演技で勝負をかける演劇とは違って
一人がすべての配役を引き受けるパンソリとも違う。

春香からヒャンダンまで、またバンジャからイ·モンリョンまで、
俳優は全員女だ。

歌、ダンス、演技すべてが欠かせない最高の女性だけが
国劇の舞台に上がる資格を持つ。

その中で最も優れた女性は
王子が消えたこの時代の王子になって
人気と名声、そして···。

ジョンニョン

背景となる女性国劇

女性国劇とは唱劇の一つとして演劇ジャンルの1つです。 1948年、国楽院から女性だけが離れ、女性国楽同好会を組織したのが女性国劇の始まりでした。

韓国の伝統的なパンソリが一人が複数の役割をする一人の音劇だとすれば、唱劇は数人の歌い手が役割を分けて歌い、演技しながら話す劇音楽のこと。

1950年代の女性国劇は全盛期を迎えます。 しかし、まだ女性が差別される時期だったため、時代に抵抗する進取的な女性たちの姿が原作でも多く登場します。

また1960年代以降、テレビや映画が普及し、女性国劇も下り坂を辿る事になります。

ジョンニョン

ウェブトゥーン 「ジョンニョン」 38話BGM

予告編

ポスター

実際に原作の作家が作品を描く時、映画「お嬢さん」のキム·テリをよく参照したそうです。 実際にユン·ジョンニョン役にキム·テリがキャスティングされてびっくりしたと! 高いシンクロ率が期待される部分です。🤗